ヨギーニmayuさん モークシャへの道!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

共感と思いやりのはなし

ヴェーダーンタでは「自分自身が満ち満ちている存在である」と言われています。


f:id:mayuchi34:20210125194408j:plain

ぬくぬくとあたたかいところにいると「満ち満ちていると思える」 しかし…。

そしてそのことは、あったかいお部屋で何も申し分ない環境にいる時は
「そうだよなー満ちている」と納得しやすいですよね。自分自身のエゴが満たされている状態でもあります。
しかし、現実では、いつも「満ちている」と感じられないような気がする…。というときも
あるのではないでしょうか?

目の前の人が幸せだと、私も幸せに感じられるし、それがもっと広い範囲で、国全体が幸せだと幸せなどといった具合です。
では、目の前の人が幸せそうにしていない時、(なんらかの事情で、物質的にも精神的にも足りないセンスから
悩んでいたり、苦しいと訴えているようなとき)などはヴェーダーンタを学んでいると
「本当は満ちているし、わたしたちは全てが与えられているけれど、それを
悩んでいる人にどうやっていってあげたらいいかな?」
と思うものです。

共感思いやりというのは異なりますので、
共感というのはただ一緒になって「つらいねー。苦しいね」ということですね。
でもこの共感には限度があって、そんな風にしているとどんどん自分も苦しくなってくるような気がする。
巻き込まれてしまうように感じられるのですね。(エンパスという言葉もあったりするかも)
そこで、「思いやり」をもって相手と関わるのです。

思いやりとは「理解によって自分ができることをすること」

よく学ぶと言われている「変えられることと変えられないことの識別」もその一つです。
自分ができることとできないことというのがありますので、自分ができることをする。
また、「外側のものを外側に置く」といった訓練も必要です。瞑想だとすこしリラックスして行いやすい
ことかもしれません。

その上で、理解を持って自分ができることをすることが
目の前の相手に対してできる「思いやり」なのかなと思います。
もちろん、「祈る」ということも含めてですが。

居心地の良さと幸せは異なるともいわれるそうです。
感情気分というのは、人間なのでなくなるわけではありません。
過去世などから培ってきたものもありますので、出し切るまではなくならないとも言われていますので
感情気分を悪者にすることなく、受け止めてお話を聞いてあげたり、できることをすることが大切なのかなと
思います。

ヴェーダーンタの理解はカルマヨーガを行うことで深まるそうです。
カルマヨーガなしでは理解したと言い難いともいえるのかもしれません。
(頭だけで知ったつもりになるということではないのですね。)

共感と思いやりの違い、私も日々頭に入れて行動できたらいいなと思っています。


思いやりの意味 スワミ ダヤーナンダ

mayuさんのヨガとセラピー
月曜日から金曜日までオンラインにてヨーガやセラピー、ヴェーダーンタの入門にまつわる座学なども行っています。
主にZOOMなどを使って、お話をしたり必要な呼吸法、瞑想の入り口、アーサナなどを行います。
午前クラスと夜クラスの二つがあります。プライベートのクラスが人気があります。
お気軽にお問い合わせください。
mayuchi22@hotmail.com までお気軽にどうぞ。

✳︎stand FMを開始しました。

https://stand.fm/episodes/6009a88e8ba7e1d7511de9ce

気軽におしゃべりしています。ヨーガのポイントや瞑想などもお話したり、日常の四方山話やヴェーダーンタについてもお話します。
お手隙の際にいつでもお楽しみください。ゲストになりたいという方も募集しています。

消費者から貢献者へ

f:id:mayuchi34:20210117154706j:plain

この世の中はまだまだ資本主義ですから基本的には、食べ物を食べたい時にはスーパーやコンビニ、などなどで購入しますし、だいたいはお金を払い生活しています。

みな、消費者ですよね。

もちろんそれは普通ですし、それ自体は悪いことではありません。
しかし、消費者であり続けているところから、なにか認識を変化させることができたら、と考えたことはありませんか?

消費者から貢献者へ なにができるでしょうか?


ヴェーダンタで学んでいる印象的なことは
消費者から貢献者へ、ということなのてす。
とても大切な考えですよね。

もちろん、貢献ときくと大きなことをしなければならない気がしますが、半径500メートルの、目の前の人になにかできることはないかな?というところからスタートするのはどうかなと、リラックスして考えています。
家族ですとか身の回りの方、友達、知り合い、などなどです。

困っている人がいましたら、なにかできることをしてみる。生活が順調でしたら、なにか寄付をしてみる、気にかけてみる、お金が難しいのであれば声をかけてあげる、などしてみる、が行動でできることでもありますね。

貢献者としてできる素敵なこととは? 日々の祈りやスヴァスティパータハなどを唱える

また、ヴェーダンタで具体的にできることは「祈り」なのです。信仰する宗教などに関係なく、世の中の平和のために祈ること、周りの方を祈ること、など祈りは実は行い、だと言われます。
(一見、信じることに思われてしまいますが、実はわたしたちができる行い、なのですね)

1日5分でもお祈りをしたり、たとえばスヴァスティパータハなどのマントラを唱えて生きとし生けるものに想いを馳せるなども、素敵な行いになります。

そして、続けていくうちに、貢献者としての感覚、認識の変化がきっと感じられていくのかもしれません。
日々、コツコツとですね。


サンスクリットの祈りの詩節集(音声無し)

スワミ・ダヤーナンダジに教わり現在もインドでご活躍されているみちか先生の素敵な本です。

mayuさんのヨガとセラピー
お問い合わせは
mayuchi22@hotmail.comまでです。



声のstandfmをはじめてみました。
のんびり癒されてください。

zoom を使い、アーサナヨーガや呼吸法、瞑想、ヴェーダンタの入口クラスなど、少人数、プライベートのクラスも行っています。
午前中クラス、夜クラスなどご希望に合わせて行います。お気軽にお問い合わせください。

また私がもともと制作をする仕事をしていたこともあり、ものづくりをされている方向けのヨーガクラスなども開催中です。
頭をすっきりさせて、アイデアが湧いてくるようなシークエンスをその都度選んで行っております。

セラピーがよいかた、お話を聞くだけなども、ご相談に応じます。ご安心ください^^

日常がヨーガで祈り 遊んでもいいのか?!

ヴェーダーンタの勉強を毎日しています。時々ヨーガやヴェーダーンタを教えさせていただく機会を持ちながらも
勉強は毎日続きます。これがけっこうなボリュームで(テストがあるわけではありません!)
今まで楽しんでいた映画を見たり、DVDを見るなどの時間が取りにくくなってきていて
バランスを考えている最中です。

たまには見たい番組を見たり、ゲームをする人はゲームをしてもいいかもしれない!

私はゲームを全然しませんが、ヴェーダーンタのお勉強を始めるとなにもかにもやめたほうがいいのかな?という
思いにかられることがあるかもしれません。わたしももともとはテレビが大好きだったので、今はたまにyoutube
パソコン、teverだったりテレビの再生ができるアプリを入れていますので時々は見ています。
(その分予定していたお勉強が遅れてしまいますが、それはそれでいいかなと思っています)

勉強や遊びは時間を決めて取り組むのも一つの手かもしれません

1日は24時間と考えるとかなりあるように思うのですが、8時間の睡眠と8時間は仕事をしているとして
8時間が自由に使える時間です。しかし、8時間も自由に使えるようには思えませんよね。一体
その8時間はどこに行っているのか?!と思うのでしたが、それをちょっと見てみるしかありませんね。
食事などの時間もあるのでそのうちの2時間くらいはご飯タイムかもしれないというと
6時間が余っている時間かもしれません。

ダルマを守れば自動的にアルタ・カーマはついてくる

よくヴェーダーンタの「ダルマを守る」ですとか「モークシャを叶える」という言葉を聞くと
アルタやカーマ(喜びや楽しみなど)はなくさなければならないの?と思うかもしれません。
しかし、ダルマを守るということは自動的にアルタ・カーマがついてくることだと言われています。
ですから、アルタ・カーマを捨てるという意味ではないのです。
好きなことをしてはいけないという意味ではないので、安心してもらえればと思います。

プラマーナとしての聖典を活用しよう!5つの感覚器官と考えにプラスしたい聖典

私たちの5つの感覚器官と考えだけでは明かせない無知や暗闇を追い払うのに役立つのが「聖典」と言われています。
聖典は、いわゆるバガバッドギーターなどいろいろあります。
一般的にヨーガの世界でポピュラーなヨーガスートラは案外と難解で、初めて取り組む聖典ではないということも
何回か聞いたことがあります。(ヨーガをされている方、はじめてよんだときわけがわからなくありませんでしたか?w)
順番としては、タットワボーダやイーシュワラナマハなどを先に学ぶとより全体像が分かりやすいと言われています。
バガバッドギータもおそらく単発の短いクラスではなかなか理解できないかもしれません。
(私もずっとなかなか理解ができなかったのです)もし、聖典の知識が何か自分に役立つかもしれないなぁと
おもったら、じっくりと年数をかけて取り組むことをおすすめします。
なぜなら、どうしてもインドの文化や全体の背景がわからないと誤読してしまったり、自分の間違った解釈を
してしまう恐れがあるからなんですね。
伝統的な教え、グルパランパランといわれますが、その教えに則って教わる、もしくはその教えで教わった先生に
教わることが、とても大切になります。

話は変わって…。久しぶりにテレビを見た!木梨の輪。のはなし

先日、大みそかに放送されたと言われる木梨の輪。をアプリでみました。
俳優の佐藤浩市さんの誕生日を祝うということでさんかしたみなさんのやりたいことをしていく企画なのですが
中井貴一さんや江口洋介さん、高橋克実さんや鈴木京香さんなどがいらして、男性陣は体力測定をしたり
とても楽しい番組でした。昔から好きな俳優さんで、生き方や言葉などもとても素敵だなぁと思っている方だったので
面白く楽しく見ました。楽しいなーと思いました。
ヴェーダーンタ以外でもお勉強されている方がいましたら、いろいろなことが一つにつながっていくときがきますので
どうかしたいこと、していた遊びなどもやめずに入れ込んでみてください。
時間的に今だけ諦めるというときもあるかもしれませんが、集中的に学んだら、ときには息抜きをしたり
楽しみの時間を大切にされると、また相乗効果も生まれるかもしれません。


あるがままに ― ラマナ・マハルシの教え

聖典としておすすめなのが、ラマナ・マハリシがかかれたウパデーシャサーラーなどもあります。
小さな聖典なので、見る機会がありましたら読んで見てくださいね。
ラマナマハリシの生い立ちなどがわかるDVDなどもありますのでよかったら見てみてください。
今もインドにあるラマナマハリシのアシュラムは人気がありますね。


まゆさんのヨーガやセラピーなど
月曜日から日曜日まで行っています。アーサナや呼吸法、その他、体の状態などに合わせて必要な形でお伝えしています。
ヴェーダーンタなどの座学なども行っています。こちらは伝統的な教えで学んだことを元に分かりやすい形でお伝えしています。

セラピーのほうがいいという方は、セラピーなどもご利用下さい。
ZOOMなどの繋いでお話をすることも行っています。
日本、世界どこにいてもつながっていけるので、一人で不安だという方はどうぞご活用ください。

mayuchi22@hotmail.com までお気軽にどうぞ。

あけましておめでとうございます〜サンカルパのすすめ〜

あっという間に2021年になりました。はやいものですね。日本全国寒いこの頃。
雪が降ったり、積もったり、車が立ち往生などしている地域もあるようですが、お元気に過ごしていらっしゃいますでしょうか?
冬は冬らしいのがいいといいながらも、寒いのには困ったものですね。

今年も変わらずにスタートしまして、ヨーガを教えたり、ヴェーダーンタをお伝えしたり、はたまたヴェーダーンタの勉強会に
今年も参加したりと過ごしています。寒いですが、散歩のようなウォーキングのような時間もできるだけ作るようにしたり
どうしても寒い時には、ゆったりアーサナをしたりもしています。

一年の計は元旦にありというけれど1月は サンカルパをしましょう!

サンカルパという言葉を聞いたことはありませんか?サンパルパは願いを決めてお祈りすることです。
2021年の願い、でも、2021年1月の願い、でもいいかなと思います。
もしヴェーダーンタを学んでいるのであれば、日々のプージャーシヴァラトリープージャー(1月は11日でした!)の際のお祈りで
言葉にしてみるのもいいですし、そうでなくとも、言葉にしたり書いたりするのもいいかもしれません。
ヴェーダーンタでは行い、その他をイーシュワラーに捧げるといいますが、シンプルに「こうありたい」というのでも
よいかもしれません。1月、9、10、11の星の配置というのもとても重要な3日間だそうで、もしこの3日に願いをできることが
ありましたらとても吉兆なことかもしれません。

プラドーシャプージャーの日も大切にしてみましょう!

月に二回、プラドーシャプージャーという日があります。プラードーシャとは夕暮れを意味するのだそうです。
特に日没の前後は多くの寺院でシヴァ神にプージャーが捧げられます。(シヴァ神は破壊の神様、などと覚えている人もいるかもしれません)
月に二回のプラドーシャプージャーは私たちが知らずに行っているパーパ(ダルマに反する行い。生きているだけでしてしまっているので
たとえばアリンコを踏んだりとか!知らずに何か起こしてしまっているアダルマです)を中和してくれる働きがあると言われています。
自由や平安が与えられるといわれていますので、穏やかな安らぎを感じるかもしれません。

2020年に引き続いて、2021年もまだまだ変化は続いていきそうですね。どんな計画にしようかなということも
よかったらご一緒に計画を立てることもできますので、ご利用ください。計画を立てて一緒にサンカルパ瞑想を行うという
メニューも作っています。

ヴェーダーンタでは、もっとも自由に使える自由意志の使い方は「祈り」であるといっています。
日本人のわたしたちは自然にてを合わせたりすることは神社などもありますし、馴染みがある行為かなと思いますし
手をあわせるだけでも「あー何か生かされているんだな」としみじみと感じられることもあるかと思います。
そしてその祈りが日常の行動にも繋がって行くのかなと思っています。

体をきれいにするのにヨーガのアーサナがあるように、考えをきれいにする(アンタ・カラナ・シュッディといいますね)
ために聖典の学びを深めることも心を安らげることにつながったり、自分自身がすでに安心できる存在だったのだと
気づくきっかけになるなと実感しています。2021年もそんな豊かな年にしていきたいと思っています。
年齢やアーサナの有無にかかわらずとても役に立ちますので、ご興味がある方はいつでもご連絡ください。
また、ヨーガスートラはとても難しいので、もう少し簡単な聖典から学びたいといったことやスワミダナヤンダジのカレンダーを使った
クラスなど、ヴェーダーンタのお勉強クラスも随時受け付けています。

クラスやいろいろなお問い合わせは
mayuchi22@hotmail.com

ヨーガだけでなく、セラピーをしたい、お話をしたいなどといったことでもなんでもOKです。
お気軽にご連絡ください。世の中が落ち着くまでは、ZOOMを中心に使いやすいツールを使って
オンラインの対面でクラスを行っています。お便りなども歓迎です。
2021年もどうぞよろしくお願いします。

ふりをして成せ。

ヴェーダーンタでいわれる「与えること」と「祈ること」
なかでも「与えること」というのはけっこう人によってはハードルが高いのではないかなと思うのです。

例えば、「与えるといったって生活があるじゃないの!今月の家賃だってままならないよ」
「そんなこと言ったって綺麗事でしょう?」
「ここまではできるけれど、これ以上はできないなぁ」と不安に思うことありませんか?

そして、その不安が実際に起こったことってありますかね?

そうなんです!案外とその不安というのは現実にはおこらないし、妄想で、「起こるかもしれない」ことで不安がいっぱいになっていたりします。
ヴェーダーンタでは不安は無知からくる、と言われています。勘違いから起こってくることが多いのですね。
これは知識を知ることで、識別ヴィヴェーカ・ヴァイラーギャが起こり、価値構造が変わることでしがみついていた
ものや、出来事、執着といったものから自然と手が離れることもあります。
価値構造が変わらないと変化することができないので、聖典を学んだり、サットサンガで理解を深めたり、
プージャーでお祈りをしたりします。

私自身は、プージャーをするようになってからなのか、勉強を続けているからかわからないのですが
謎の不安みたいなものがとても減ってきて楽になってきています。
無知が少し落ちているのかな?と思いますが、そのときにいつもはできないことをもうすこししてみよう!と思えるのかもしれません。

スワミダヤナンダジの動画で見たことがあるのですが、
自転車に乗れるようになるにはどうしたらいいでしょうか?という質問の答えは
「自転車に乗ってみる」しかないですよね!
自転車に乗ることを妄想しているだけではやっぱり乗れるようになれません。
どうなるかわからないし、転ぶかもしれないけど、やっぱり乗るしかないわけです。
恐れや不安がいっぱいのときにはそれができないかもしれませんが、祈ることでなにか内側の強さがうまれたときには
「よーし、乗ってみるか!」と思えるかもしれません。きっとその時には乗れるようになるのだと思います。
(練習は必要だし、転ぶこともあるかもしれないけれど)

もちろん、不安な時には無理にしろといっているわけではないし、きっと勉強をしたりプージャーをしたりしているうちに
(もちろんヴェーダーンタの勉強だけに限りませんが)いつのまにか恐れが消えているのかもしれません。
ぜひその時にはやってみましょう。

そして、どうしてもたちゆかないとか、苦しいとか、そんなときには無理をせずに
きちんとした相談相手をみつけて(ヴェーダーンタだったら先生とか、拠り所となる人)相談することで
今必要なことがわかるのではないかなと思います。本当にどうしようもない時に、与えるとか、無理をすると言っているのではないので
その適切な人に相談して、必要な行動を取っていくというのも大切なので、それも忘れないでください。

ふりをして成すということなのですが、勉強していて、プンニャが実ったり、時期が来たりすると
その言葉が理解できるのだと思っています。
ではでは。

✳︎まゆさんのヨーガ&セラピー
mayuchi22@hotmail.com

ヴェーダーンタの入り口をやさしくお伝えするクラス、アーサナヨーガクラス、瞑想クラスなど
ご希望に応じてオンラインを中心に行っています。今までの生き方だとなにか物足りないな、虚しい、
と感じた人は、もしかしたらヴェーダンタの入り口に立っているかもしれません。
伝統的な教えに基づく形で学んだことをシェアしていきます。とても穏やかで楽しい時間です。

ただのんびりしたいという人はカウンセリングやセラピーも行っています。

怒りと嫉妬はしつこくのこる?

f:id:mayuchi34:20201221232202j:plain

夏から再び始めているヴェーダーンタのお勉強はどんどん進んでいます。スワミダヤーナンダジのTVのお話をテキストとして学んでいます。
感情や出来事はイーシュワラからのプラサーダということを勉強しますし、客観的に出来事を見ることができるようになると
全ての感情に振り回されなくなるのでしょうか?

しかし、「怒り」というのはしつこく残る感情の一つだそうです。
例えばなにか相手がいたとして言われた一言でめらめらっ、あるいは「むかむか」あるいはぐわっと怒りが湧いてきたとします。
勉強が進むと、相手に原因や理由があるわけではなく、あくまでも自分の内側にあるものの引き金を引いただけだということに
気がつくのですが、今度は怒りが出るのはいけないことと思ってしまうかもしれません。

「怒り」はコントロールしませんように。

全ての感情は押し込めたりコントロールするものではないのです。怒りを相手にぶつけたり怒りの犠牲者を出すことを
やめる必要があるのです。そこを「ダマ」をしていきます。
「私は今怒っていますので、話すのは後にさせてください」
この一言をいうだけでいいのです。感情そのものはすべてイーシュワラの現れですから、怒り自体もプラサーダです。
ですから押し込めるのではなくてまずは感覚器官、行動期間を対象から切り離すことをしています。
テレビのスイッチを切る、目を閉じる、後ろを向く。
これをしないと客観的な見方ができないのだそうです。


そしてこれができたら次に、対象物を客観的に見ること。つまりシャマを行います。

どちらも聖典の学びを行っていないとなかなか理解できないものかもしれません。

怒りというのは、内側に溜まった痛みが現れたものなのです。
痛みというのは満たされない願望から起こるものなのだそうです。

この話を聞いた時からわたしも「怒り」が湧いた時に怒りの感情を覗いてみることにすると
たしかに「こうして欲しかった」とか「大切にされたかった」ですとか「このときはこうするべきじゃない?」と思っていた、
とかいろいろなことが浮かんでくることがわかりました。怒りって願望とくっついているんだ!ときがつけたのは
ものすごい発見で、とても楽になりました。

すべてのものは絶妙なタイミングでやってきます。
もちろん自分の見方においてそう見える、ことへの反応は止めることができません。そのこと自体は許します。
外側のものを外側に置くというのは、相手をコントロールしたり、自分の感情をコントロールすることではありません。
もし、聖典の勉強をしている人(ヴェーダーンタなどを学んでいるひとなら)なら「あ〜これはイーシュワラからのプラサーダ
なんだな!」と気がつくことができるので、感情が大爆発!することは減ってくるかもしれません。

全てのことに言えるのですが仕組みを知る、だけで楽になることはたくさんありますよね。

ヴェーダーンタの勉強は、どの世界にいても共通する宇宙観ですので、勉強し続けるとなにか内側から癒されていったり
現実の行動が変わるので、変化が起きていく感じがわかりやすいのが面白いです。

またイーシュワラというのは宇宙なのですが、私たちが行動すること(祈ることも含めて)で返してくれるものなので
何もしないで何かが起こるということではないので、自由意志を使い祈ったり行動を選択していくことで
返してくれることが少しずつ理解できていくように思います。

怒りについて書いたのですが、次回は嫉妬について少し書いてみたいと思います。

それにしても2020年はあっという間すぎてびっくりしています。
とても充実していたとも言えるなあとしみじみしています。
世の中的には色々とありますが、それでもこうして勉強することができたりヨーガなどを伝えることができたり
とても幸せなことだなとしみじみとしています。
聖典は数限りなくあるので、全てを読むことはできないかもしれませんが、コツコツと焦らず勉強していくうちに
理解が深まっていくのだと思います。
もちろん、ヨーガは体と心を整えるものだからそれだけでいいという人もいるでしょうし
瞑想に興味が出てきたなという人もいるでしょう。
しかし、ヨーガの八史則の一つであるスワディヤーヤ(聖典を読む)という意味がようやく本当の意味で
理解できてきたのだと思うととても楽しいです。

ヴェーダ、そしてヴェーダーンタの教えはプンニャがある程度多くないと学びに誘われないものだとも言われていますが
人によってどういうルートでたどり着くかは人それぞれです。
教わっている先生から知るという場合もありますし(私は最初の先生が教えてくれたからラッキーだったのかな?)
本の場合もあるし、いまはSNSもありますし、雑誌の場合もあるかもしれない。
このブログということもあるかもしれないし、いろいろですね。
小さなオンラインでのお勉強会もしはじめていますので、ヴェーダの入り口、ヴェーダーンタを知りたい人がいましたら
ぜひおしらせください。のんびりと勉強していきましょう。

ことしはあと10日余りですね〜。

まゆさんのヨーガやセラピー、勉強会などなど(オンラインが中心ですが、少人数でスタジオで行うこともあります)
mayuchi22@hotmail.com までです。
アクセスバーズなどのセラピー、お話を聞くだけ、などもZOOMなどで行っています。お気軽にお問い合わせください。

与える人になるには?募金をしてみる

 ヴェーダーンタでは「与えること」と「祈ること」の大切さについて時折触れてくれています。

 えー!そう言ったって何も与えるものなんて今はないし。お金だってないし。という声も聞こえてきそうです。たしかに。だけど、今、こうしてインターネットを見ることができていて、ひょっとしたら、というかたぶん住むお家(一軒家かもしれないしマンションかもしれないし、アパートかもしれないし、いろいろだけど)はある人がほとんどかもしれません。 (もしそうでなかったらごめんなさい)毎日満足のいくご飯かはわからないけれどとりあえずご飯も食べている。お菓子なんかも食べる日はあるかもしれない。

となると。どうやらお金がないわけではなくて、「希望している額の」お金がないだけなのかもしれない。きっと、明日生きることも怪しい人は、このサイトをみてはいない気もします。(だけど精神的に困ってここにたどり着く人はいるのかもしれない)

そんなわけで、不安だけどお家もあって食べるものも着るものもある人は何か誰かに与えることをしてみましょう。それは、コンビニのレジのそばにある箱に募金するのでも、神社のお賽銭箱にいつも入れない金額を入れてみたりなんでもいいのです。
 

Tポイントを活用しよう

 わたしはTポイントを貯めているわけではないのですが、yahooカードを持っていて一月に一回何か支払いがあるので
 ちょっとだけTポイントがたまっているときがあります。そんなときにはTポイントでできる募金をしてみています。
 1ポイントからでも100ポイントからでもなんでもできます。
 Yahooネット募金というものですね。
donation.yahoo.co.jp



開くと、いろいろなプロジェクトが出てきますので、よく文面を読んで賛同できそうなプロジェクトにクリックして募金しています。毎月しているわけではないのですが、なにかどこかに役に立っていたらいいなという気持ちでいます。いまならコロナ関連の医療関係者だったり、海外への子供たちに向けての募金です。ポイントでできる範囲なので、わざわざ何かをしているわけではないのですが、役に立っていたらいいなという気持ちだったり、結局いろいろなことって繋がっているんだなということに気がつかされる瞬間です。

ヴェーダーンタでは「与えること」と「祈ること」が内側を強くする(これをアートマバランと言います)と言われています。内側を強くするって一体なんなの?と思うかもしれませんが、まずはやってみることなんですね。このことを行うと、ほんとうにすこしずつだけれども、変化が起きてきます。私たちは生きるうえで自意識がありますので、特に悩みがあるときなどは内側に意識が向いていて客観的に物事を見れなくなります。色眼鏡と言うのでしょうか、なにか癖でほんとうにはみえていないんですね。ですが、与えることと祈ることを続けていくとほんのすこしだけ癖のある見方や考えから離れた見方ができるようになってくるんです。
ちょっとだけ無理をしてもいいので、まずは行動してみることがいいんですね!お金を与えるという以外にもなにかできることがあるかもしれません。ポイントといいましたが、優しいことばを誰かにかけてみるもあるかもしれません。困っている人を助けるというのもありますね。
少しずつでいいですので、やってみてもし変化があったら是非教えてください!

わたしもまたやってみますね。

まゆさんのyoga&セラピー
mayuchi22@hotmail.com まで。
相談などありましたらお気軽にメッセージくださいね。お待ちしていますー。

遅刻について考える

今日はちょっとヨーガではないけれど、お話しまで。
私は多分、ヨーガを教えることをしていなかったら遅刻していたかもなーと考えると思うところがあったりします。

クラスで遅刻する生徒さんがいます。一応教えているスタジオは15分までは入ってこれることになっているのでほとんどの方はそこまで遅れないのですがごくたまに15分くらいたってくるときもあります。

15分まで入れることになっているので全然いいのですが、そこまで大きくない場所で(換気はずっとしていて空気清浄機も回っているのでご安心を)、遅れて入ると目立ってしまうのと、先にいる生徒さんがスペースを作るためにクラスを中断する必要が出てきてしまいます。前もって分かっているときはできるだけマットを敷くようにしているのですが、そうしないとときどき「マットをしくための中断の時間」が起きることとなります。「私は全然いいんだけれどなー」と思いつつも、ちょっとだけいろいろと感じることがあったのです。「電車が遅れたかもしれないし、途中でお腹を壊したかもしれないし」とかいろいろ想像してしまいます。

私はヨーガをする前、遅刻をする人でしたし、ヨーガを習ってもクラスに遅れることがありました。なんだか間に合わないということも結構あった気がします。
疲れていたのかも。なので気持ちがすごくわかるんですよね。と、同時に、「周りの人はこんなに配慮してくれていたんだな!」と先生の立場になって気がついたこともあります。制作の仕事はだいたい夜遅くにあるので、書く仕事がメインのときにはチーム全体、会社全体が誰も時間を守らないという(笑っていいのか悪いのか!笑)ときだったこともあるし、もしかしたら、毎日決まった時間に会社に行くことができないからそんな仕事になったとも言えるのかもしれません。

ヨーガの先生になってなぜ遅刻しなくなったかというと、代わりが誰もいないからですよね!(当たり前ですが)もちろん、オフィスだってそうなのですがやっぱりワンオブゼムなのです。ヨーガの先生がクラスに来ないと、クラスが始まりません。生徒さんを待たせることになるし、厳しいスタジオはペナルティだってあります(おかげさまでそんなことは一度もないのですが)なので、たぶんフリーランスでヨーガの先生やダンスの先生をしている人は、遅刻をしないと思います。(生徒さんについての考えはスタジオによりまちまちで、スタジオによっては10分前には来て、1秒でも過ぎたら絶対に入れないというところもあります)学校の先生とかもそうかもしれませんん。

✳︎なぜ遅刻をするのだろう?
遅刻をよくする人は、どうして遅刻するのだろう?と考えたことがありますか?私はかつての自分自身を振り返ると、体内時計の読みが甘いという感じもあるし、「疲れていて起きられなかった」ですとか「そもそも起きられない」「予測を誤った」「出る時間が遅い」「前の予定を早く終わらせていない」>「予定と予定の間がつまりすぎていた」などかもしれません。

✳︎どうしたら改善するの?
1、「逆算して10分前につくにはどうすればいいか考える」
例えば16時にはじまるなら15時50分には到着していたいですよね。遅くとも。もし着替えがあるならさらに10分プラスして15時40分。そこから逆算して、1時間前に出発する必要がある。しかし、駅につくには徒歩10分かかるから…。
そうすると16時の予定に間に合うようにするには、14時30分には出発するようにします。と、本当はとても簡単なことなのです。今は検索エンジンなどでだいたいの電車時刻も予測できますよね。


ETSHiP目覚ましライト 光 目覚まし時計 ウェイクアップライト日の出シミュレーション時計 タッチコントロール ベッドサイド時計 FMラジオRGB変換 16種類音楽調整 日の出/日の沈み 自然音 睡眠補助 寝室用 授乳灯 調光調色 ギフトに最適 説明書付き

光る目覚まし時計らしい…。よいのかな?!

2、「予定を詰め込みすぎない」
休みの日は、買い物をして、ヨガをして、お茶をして、ご飯を食べたい。とします。この4つの予定を全て違う友達とするとしたら、たいていどんどん遅れていくはずです。私の友人で全ての予定をこなす人がいましたが、その人は間髪入れずにバイバイと言って、同じ場所に次の友達を呼んで合流していました(若いときですね 笑 今もそういう人いるのかな?)これと同じことが仕事でも言えて、会議の数なども、自分でコントロールできる数以上を入れると、次々とミーティングに遅刻する人になってしまいます。それがクセになると、「ん?」ということになります。自分が幾つ予定を入れるまでは大丈夫なのか、よく観察してみましょう。もちろん、予定や出来事の大きさの大小はあるかおもいますが!どうしてもダメなときには断ったり別の日に入れて調整することも大切です。


フランクリン プランナー カラーノブレッサIII・バインダー 64340 コンパクト 20mm ブラック

やはり書くのがいいらしい。携帯だと時々忘れてしまいますね。

3、「体調不良など以外で気分でドタキャンしていると…」
これは個人的な意見なのですが、気分はだいたい上がったり下がったりするものなので、気分だけが問題なら行ってしまえば明るくなります(笑)もちろん、お子さんがいて急な発熱ですとか、今のご時世は体調などに不安があれば気軽に変更もありかなと思いますが、ドタキャンってクセになるので、別の日を代替案であげるということがあるときっと相手も(わたしも)嬉しいです。
気分ってあまりあてにならないものだな、ときっとヴェーダーンタのお勉強をしていてわかったのかもしれません。
とはいえ、ヨーガは気分でしていただいて全然構いません。私のクラスは(笑)

4、「ペナルティをもうける」
もし、1分遅れたら罰金10万円。としたら誰も遅刻はしないかもしれません。(プレッシャーになるけども)なので、自分の中でペナルティを設けてもいいかもしれません。自分の会社でしたら、なにか寄付するとか。わたしも遅刻がなくなったのは「ペナルティになったらこわい!」という気持ちも、ないわけではないかもしれません。(教えているところが全てペナルティがあるわけではありませんが)とはいえ、これは自由意思に反するので、最後の手段ということで。


LITHON (ライソン) 50万円貯まるカウントバンク KTAT-007D | 貯金箱 貯蓄 自動 おもしろ | まずは50万円貯められる!

ペナルティを入れておく貯金箱とか作るのもいいのかなー。なんて。



という感じでした。ちなみにオンラインのヨーガは参加する人が遅れてもいいかなーというのが考えです。なぜなら、画面に入るだけなのでもし子供の用事があったり、何か終わらない用事があったりしたらちょっと落ち着いてから入室してくださったらと思います。(プライベートクラス以外ですが!)
いろいろ書いたのは、コロナになってから今まで来なかった生徒さんが参加されるようになって感じたことだったからですね。もちろん、私も出来る限り先にマットを敷いたり、周りの生徒さんが気を使わずに参加できるようにしてみますので、ちょっと遅れても気楽に来てください。
(本音を言うとリアルなクラスでの遅刻は5分くらいだとありがたいなーという感じですよ!)


ヨーガやセラピーのお問い合わせは
mayuchi22@hotmail.com

アーサナヨーガだけでなく、座学、ヴェーダの入り口のお話、ヴェーダーンタに続く道のり、瞑想の準備、呼吸法など様々行っています。
カウンセリングなどもご希望あればお問い合わせください。オリジナルメニューを作ります。

先週から、paypayも使用可能にしてみました!(ちょっと面白いです)

ダルマを選ぶとダルマによって守られる。

以前、プルシャアルタについて書いたかと思いますが、アルタ、カーマ、ダルマ、モークシャの4つが人間が求めているよというお話があったと思います。

なかでもダルマは人間が探しているゴールなんですということの再認識のお話です。

わたしたちはアルタ・カーマ(安心や喜び)の追求をしていくのですが、たとえば会社が大きくなり、お金もたくさん稼いだけれどなんだか虚しいといったときに「どうしてなんだろう?」と考えるようになります。たとえば、ハリウッドスターだったりしたら、お金をいっぱい得ることでだんだんバランスを崩してしまう人もいますよね。(私が大好きだったブリちゃんとか…うううう!w)そこで、例えば次第になにか寄付をするようになったり、地球環境について考える会社を作ったり、いろいろな形でバランスを取ろうとしていきます。そこで、ダルマ(何が正しくて何が間違っているかという秩序を考えて一つ一つ選んでいくことが大切になってきます。

ダルマを選ぶということはとても大切なのだけれど、世界中を見回してみても、なかなかそういう文化というのはインド以外では見つけられなかったとスワミダヤーナンダジはいいます。
だけれども、わたしたちは安心や喜び(アルタ・カーマ)を求めることも悪いことではないし、モークシャを得るまではアルタ・カーマを求めることは自然なことなのです(ついついヴェーダーンタの勉強を始めるといけない!と思ってしまう部分でもあるんですが)
世の中はアルタ・カーマの探求に満ちた会社が多いではないか!それは時にアダルマだったりするのでは?という考えにもなりそうですが
私はどうやって折り合いをつけているかというと、それは妥協でなくて、自分の中での心地よさを基準に選ぶようにしているという感じです。
ダルマを選ぶことが、自分を苦しめたり、周りとの摩擦を生むことになっているとしたら、少し立ち止まって見るのがいいのかなと思っていて
たとえば、自分が勉強して知り得た価値観を、まだ知らない人に理解なしに押し付けてしまったりしたらきっとそれはそのこともアダルマかもしれないし
自分ができること一つ一つを選んでいくことかなと思っています。

ヴェーダーンタではないのですが、わたしは「厳密性は人を苦しめる」と思っていて、もし自分が苦しくなりながら厳密性にこだわるのだとしたら
それはきっと自分を傷つけていることにもなるし、調和できる部分から調和していくことが大切かもとおもうのです。
知ることで周りとの差異を感じるのではなくて、調和している部分を見つけるのです。

例えば、プラドーシャ・プージャでパーパ(アダルマな行為をしてできてしまったものを中和するプージャ、お祈り)を中和したりもできますし
一つ一つ、ダルマに調和した行動をしてみることを大切にするのがいいかなと思います。

そして、たとえばアルタ・カーマを先に選んでいた時より一見、得られる収入が少なくなったりすることもあるかもしれませんが
結果的に、ダルマを選んでいきることが、最終的にはダルマに生かされる生き方になっていくのです。
きっとこれは学ぶだけではなく、日々の実践あるのみという感じかもしれませんね!

ちょっと頭の整理も兼ねて書いてみました。たぶん、今日で700本のはずww

ゆっくりとヴェーダーンタのお勉強も続けていきましょう。
一緒に学びたい人も、いつでもメッセージください。
いつかみんなでお祈りとかしたいですねー。

まゆさんのヨーガやセラピーなど受けたい方は
mayuchi22@hotmail.com

ヴェーダーンタに興味が出てきた。ちょっとやってみたいという人もぜひ。
簡単なイントロダクションだったり、こちらが終わったらギータの読み合わせをしたりなど
いろいろしていきましょう。

最近面白かったのですが、paypayでドネーションをしてくださった方がいました。近未来的です!
mayuchi22 がIDです。
21世紀ですので、LINEpayですとか、いろいろな方法でお支払いしてみたいという形もお受けしています。
もちろん、通常のお支払いでも全然オーケーです。
ではでは。また。

続けることの重要性

 皆さんは毎日続けていることってありますか?
 わたしは8月から毎日ヴェーダーンタの勉強会に参加し始めました。(土日はクラスがあったりするのでビデオを見ています)
 最初の1ヶ月から2ヶ月はわからないことが多すぎて(昔少し聞いていたのですが)、いつも終わるたびに焦っていました。
 「知らないことが多いなぁ」「覚えられない」といった自分に対する物覚えの悪さからくる悲しい気持ちです。
 しかし、3ヶ月目、そして4ヶ月目になるとわからなくなくなってきているのか、内容に慣れてきたのかわかりませんが
 焦る気持ちはなくなってきました。途中からプージャやギータの勉強も増やしたのがよかったのかはわかりませんが。

 子供の頃、小、中、高毎日学校に通っていましたし、大学もときどきさぼりながらも?通っていました。
 しかし、大人になり続けることやできないことに対する苦痛で続けることが億劫になっていました。

 だけど、意味がわからなくても続けることで何かが蓄積されていくのだということがようやくわかってきました。
 ヴェーダーンタでは過去世の良い行いでうまれるプンニャと悪い行いで作られるパーパがあり、プンニャが多い人で
 ないとヴェーダーンタにたどり着かないとも言われています。目には見えないのでほんとかな?と思ったりもしましたが
 日本人でヴェーダーンタにたどり着く人、それも実用的なヴェーダというより最後の、結論であるヴェーダーンタに縁があるという
 人はきっと決して多くはないのかもしれないなと思っています。
 (選ばれて特別だ、という意味ではありません)

 早起きもいい加減ながら2ヶ月目に入りました(二度寝あり 笑)
 誰に言われたわけでもないのですが、不規則でどちらかというと朝起きるのは苦手でしたが
 もうそういう言い訳をしているのも終わりでいいかなーとふと思ったんですね。
 (また変わるかもしれないですが)

 どんなにいいなと思う宇宙観もふーん、とおもうか、自分に照らし合わせてみるかで結構違うかもしれないですよね。
 
 続けることができるようになると、ヴェーダーンタの勉強だけではなくいろいろなところにつながっていく感じがしています。
 語学でもいいですし、新しい資格試験の勉強でもいいし、全然関係ないことを学ぶなんていうのもいいかもしれないです。
 ヴェーダーンタは自由意志の大切さをよくお話ししてくださるのですが、わたしたちはプレッシャーからほとんど自由意志をうまく
 使えていないそうなんですね。もしかしたら、仕事場を自由意志を使って選べない人でも、まずは勉強をするとかなにか
 ほかのことでも自由意志を使うことを始めると少しずつ少しずつ、何かが変化していくような気がします。
 もちろん、いろいろなものはすでにある、ので変化させるために学んだりするわけでもないのですが
 結果的に、そういうことにもつながる感じがしています。

 つらつらとかきましたが、連休最終日もどこか遠くに出かけるわけではなくお勉強を続けていて
 私としてはとてもいい感覚です。何かを外に求めるのか、内側にみていくのか、そしてそれは実は
 全て全体であるイーシュワラが司っていると考えるととても落ち着いた気持ちで居られるのが不思議です。

 (そしてこの勝手に変なところで改行されてしまう状態をなおしたいですw)


 ✳︎まゆさんのヨーガ&セラピー✳︎
 瞑想やアーサナ、呼吸法、ヴェーダーンタの入り口のお話しなどいろいろなニーズに合わせて対応しています。
 気楽に活用してください。スワミダヤーナンダジからのエッセンスをグルパランパラン(伝統に基づいて先生から伝えられる方法)
 でお伝えしていきます。
 オンラインやスタジオなどで行っています。
 mayuchi22@hotmail.com まで。

 セラピーを受けたいという人もまたご連絡ください。