ヨギーニmayuさん モークシャへの道!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

遅すぎる明けましておめでとうございます?!

どんと祭、とったりどんと祭りと言ったり各地で名前は異なりますが 七草の後は鏡開きで徐々に行われていきますね。

今年はなぜか全国各地でとても寒くてどんと祭どころじゃないような気もしますが 準備をしたり(終わった地域もありますね)している風景をちらほら見ます。 コロナ禍もあっていつも楽しみにしていた甘酒もコーヒーなどもこの2年か三年ばかし ありません。寒い中飲むのがとても楽しみなのですがおとなしくしておこうかな。

ホームページを新しくきちんと作りなさいとスワミジ(私のヴェーダーンタの先生です) から言われていますがなかなか着手できていません。 今年はしっかり作ってヴェーダーンタのお勉強やアーサナヨーガのクラスなども充実 して行けたらと思っています。こと、ヴェーダーンタの勉強は螺旋状になっていて 同じ聖典(例えばタットワボーダだったり)を何度も繰り返し学んでいくうちに 理解が深まっていって、自分とリンクしていくことが増えていきます。 イーシュワラを思い浮かべているうちにいつの間にかドーナツが思い浮かんだとしても それはイーシュワラがドーナッツにとって変わったわけではなくて、 私たちはどんなものにもイーシュワラを想うという練習ができていく必要がありますね。 (もちろん私たち一人一人もイーシュワラなのです。) 初めはデーヴァター(神様、ガネーシャとか、サラスワティとかなんでもいいです。 お好きなものを!)を思いそこから練習していってもいいのですが だんだんと実は私とあなたは離れた別のものではないという認識の変化(コグニティブチェンジ)が 起きてくる必要があるのですね。だけど無理矢理起こす、のではなくてやっぱりこれも 学んで、カルマヨーガをして、祈ったり与えたりしていくうちにだんだんとそうなっていくのですね。

これを読んでくださっている方がみなさんどのくらい学ばれているかわからないのですが 私も昔は瞑想したらこうなる!のではないかみたいな変化が起きると思っていました。 だけど認識の変化というのは、起きることが変化することはおまけというか そうではないのですね。例えば相手にもイーシュワラを見ることができるようになると 何かラーガドヴェーシャ(何か背景があって嫌だなぁと思う相手がいたり、そんな出来事があって 好き嫌いで判断してしまう)で見ていたものの見方が、自然と「ああそうか、相手にも 背景があってそういうことをしてしまうのかもね。私にも背景があってそういう見方をしてしまうの だな」と気がつくことによって、自然と変化することなのです。 そうなることで結果的に何か変わるかもしれないし、変わらないかもしれないけれど なんだかどうでもいいかーと思えて客観性のある見方になった時、いつの間にか そのものの見方が変化していくといったような具合です。

聖典を使って学ばないとなかなか理解できないこともあるかもしれませんが、聖典とて 普通の言葉です。(というか勉強しないと難しくて何が書かれているのかわからない場合や きちんと伝統に沿って教わらないと自分の言いたい事を聖典に言わせるという危険なことに なってしまうと言われています)伝統的に学びながら、時に仲間とサットサンガで学んだことを 深めながら、そしてカルマヨーガをしながら、少しずつ気がついたら変化していたという ことがあるかもしれません。 だからモークシャというのも到達するものというわけではないのですね。(便宜上、 タイトルには道、とつけていますけれど 笑)

もしこれからヴェーダーンタを学んでみよう、人生ってなんだろうか? なんか同じ事を繰り返している気がするなぁと思ったりしている人は 何かヒントになるかもしれません。いつでもお問い合わせくださいませ。 アーサナもオンラインを中心に行っています。いつも受けてくださる生徒さんに感謝しています。 継続されていることも素晴らしいなぁといつも感じています(何年目なんだろう?!)

クラスなどのお問い合わせは、mayuchi22@hotmail.comまでです。 (オンラインは極力少人数で行っていますので、初めての方もご安心ください)

ギータ暗唱中

ギータ三章を捧げることにしたのでこそこそ練習しています。

 

中学生の頃は丸々暗唱など楽勝でしたが、今はさっぱり忘れます。まあよいのです。またやれば。ギータ全部暗唱できたらよいなー。

ヴェーダンタ的外郎売りだな。(違う)

 

でも、みなさん、どうか頑張らないでくださいね。これ以上。習性を変える(無理に変えようとするわけではないからややこしいですが)のが大切なのに、結局なにをしていても頑張りすぎて体を壊したり、イライラしたりしていたらそれこそ意味がないのですよ。カルマヨーガになっていません。

ですから、どうか楽しく楽にしていきましょう。それでよいのです。

 

疲れたら休んだりして、暗記ものではないのですから。

 

わたしは最近ラマナマハリシの瞑想ルームに行く機会に恵まれ、知識も勉強すらいらない!と言われてしまいまして、しばし考えました。

 

自分を苦しめる習性から離れられなければ、学んでいることさえ意味がないですもんね。

沈黙も大切だなあとあらためてしみじみと。

 

モークシャは頑張った先にあるもの、なわけではないのです。

だから習性を落とし無知を落とし、味わいながら楽しみながら、テクテク歩く感じです。

しだい次第に行いで叶うものではないのだーという意味が理解できます。

もちろんいまは行いの時期なんだから、ぶいぶいまだまだ言わせたいのだ!というのもそれはそれでOKなんです。

 

そんなわけで気楽にいこうといいながら暗唱したいと考える矛盾も楽しいこの頃です。

 

アルナーチャラの歌も楽しいですよ。

 

 

傲慢さに御用心?!

マハーバーラタの物語でも出てくるドゥルヨーダナは、わがままで傲慢です。

さまざまなシーンで傲慢さを指摘されます。

 

わたし自身もあそこまではしないだろう?と思いますが、わからないですよね。

 

振り返ってみると、とんとん拍子に物事が進んでいる時にほんの少しでも傲慢さがなかったか、というとどうかなあ?と思います。すべて与えてもらっていると思わずに、私の力、とか私って運がいい、特別だ、なんて思うこともヴェーダンタを学ぶ前ならあったかもしれません。

仕事が順調なとき、お金がたくさん手に入っているとき、恋愛も思い通りに行っている時、などなど、いろいろありそうです。

 

オトナになると、面と向かってあなたは傲慢だね、という人はいないですね。

だから、自分で気づいていく必要がありそうです。ヴェーダンタを学びシッディ、不思議な力に対してもあまり特別視しなくなりました。

もし、本当にシッディがあるなら、周りのために使えば良いかと思いますし、どんどん幸せにしていったら良いと思います。もしシッディがあるのに、その人自身や周りが幸せを感じられていないとしたら、矛盾がありますね。

 

自分をアピールするためや、自分のお金儲けのためだけに自分のシッディを利用していたらやがてはかえってくるのかもしれません。(いまの生とは限りませんが、プンニャやパーパとしてあらわれるかもしれません)

 

本当が誰しもが特別で、誰しもが大した人ではないのです。要するに同じですね。

だから、わたしって特別、人とは違う、という傲慢さは若いうちは仕方ないですが、案外ほんとに変わりないのだな、と気づいていく必要がありますね。もちろん無理に人に合わせなさいということではありません。

謙虚さを身につけていき、もし本当に人とは違う特別な力があるなら、周りにたくさん溢れさせていけば良いのではないかと思います。

わたしもきっとヴェーダンタを学ばなかったらどこかそんなところがあったかもしれません。自己需要ができてくると、周りに特別さをアピールする必要はなくなります。

 

自分と他人はイコールなんだとわかればよいだけなんですね。

 

まゆさんのヨガ

オンラインクラスは随時行っています。

毎週の方もいれば単発の方もいます。

座学だけの方もいます。

お気軽にお声がけくださいね。

zoom にて行っています。出張も可能です。

mayuchi22@hotmail.com

までお問い合わせください。

 

 

 

happy duwari 光のお祭り

今日はハッピードュワリ🎉ディーパーヴァリ、光のお祭りです。インドも様々なところでお祭りをします。ラーマーヤナというお話を読まれている方は、ラーマ(光)がラーヴァナ(悪)に勝利した日とご存知かもしれません🥨

 


現代版 ラーマーヤナ物語

いろいろな本があるのでご興味がある人はぜひ。

 


絶版 原典訳 マハーバーラタ 全8巻揃 上村勝彦訳 ちくま学芸文庫 古代インド神話/ヒンドゥー教/聖典/宗教/哲学/思想/ラーマーヤナ/叙事詩

 

f:id:mayuchi34:20211104143056j:image

f:id:mayuchi34:20211104143104j:image
何日か前からお掃除をしていらないものを捨てたりして、オイルランプを焚いたり。先程みましたら、コロナも落ちついてきて、インドでも賑わっているそうです㊗️

諸説あるみたいですが、ラーマに帰依しているハヌマーン(おさるの神様)はラーヴァナによってランカー島に捉えられしっぽに火をつけられてしまいますが、からだを自在に大きくできたのでしっぽを振り回して島中を火の海にして、勝利に貢献しました🐵

わたしたちの心の中にある、人に役に立ちますように、良いことを選ぶ純粋なおもい(光)がどんなときも闇を打ち勝ちますように🐒

昨晩の夜のクラスの最後にもちょこっと歌いましたが、今日は簡単なラーマのキールタンをセンターの早朝プージャでリレー形式で捧げました😊
リレー形式は歌う方のキーが異なるので(私の声が低いため)1人に比べたらなかなか難しいときもありますが不必要なエゴを捨てて、祭壇やガネーシャ、今日はラーマに捧げる気持ちで唱えさせていただいています🦔

光のお祭り。素敵ですね🍀

チャンティングの練習

今朝ついにチャンティングをしたり聴いている夢を見ました。ギータ15章ですね。

 

受験生みたいですね。よいことですね。

 

サンスクリット語の文法はまだまだ難しいなと感じつきひがたちますが、チャンティングを日々することで理解が深まれば良いかなと感じています。頼まれてはいませんが、プージャーではチャンティングを捧げる目標を掲げて、いまのところはガネーシャチャトルティとスワミダヤーナンダジのマハーサマディプージャーでチャンティングを捧げました。

 

ヴェーダンタは結論は既に教えて貰っていますが、今までの価値観などと全然違うことがありますから、繰り返し様々な形で教えてもらい理解していきます。その過程でチャンティングもあるのかなと思います。

 

ダルマを意識して行動しますが、生きていくうちにアルタやカーマを求めることは時には大切なことです。学んでいくうちに、無意識にアルタやカーマが良くないものに感じ、抑えようとするときがあるかもしれませんが、ダルマに反したやり方でなければ、今何を求めているのかは大切なことで、学び続けるうちにいつの間にかダルマやモークシャの大切さに気づいていくのかなと思います。

 

優先順位が変わり、価値の価値に気づくにはシュラバナマナナ二ディッティアーサナが欠かせません。

なによりも大切なことはヴェーダンタを学んでいてもいなくとも、調和を大切にすることは変わらないかもしれないし学びが深まるといるだけで安心でき安心させる人になるかもしれないと思います(これもあくまでオマケではあるのかなと思いますが!)

 

少しずつ実生活でまずは役立てたり実践して行けたら良いですね。

チャンティングしばらく続けて発音もたしかなものになればまたシェアしていきますね。

 

 

季節の変わり目 ケアしたい

小さな頃から自律神経がいまいちで、喘息から蕁麻疹、アトピーなど一通り体験しました。

今でもパソコンをしすぎたり、こんつめすぎますと、いろいろ支障をきたします。

 

小さな頃は病院ばかりいっていましたので、病院嫌いになってしまい、基本的にはよほどでなければ病院にはいかないように(眼科や皮膚科を除き)しています。

やはり薬はよく効くことはたしかなのですが、副作用があったり免疫力をさげてしまうきがします。ヨーガや他のセラピーに興味を持ったのも、もともとはこれがきっかけです。

 

いまも、どうしてもというときは仕方がないですが、ホメオパシーやレメディなどを使うなど、いつもすぐ薬を飲むことにならないように気をつけています(痛み止めなど)

 

もちろん個人差もありますので、どんなものもあわないけれど無理にとるなどはする必要がないですし、ためしてみて、よかったら続ければ良いですし、イマイチならばやめてみたりしながら、うまく身体の声を聞いていくのがよいのかなと思います。

 

ちょっと変な話ですが高齢化社会がすすみ、至る所に病院はあるわけですが、こんなに拡大するというのにはやはり利用する人が多いからなわけで、本当にすぐなおるのならばこんなに増えてはいないのではないかな?と思ったりもします。もちろん長生きすれば良いというものではありませんが、ピンピンコロリになるには、やはり自分なりの工夫や健康管理をみにつける必要があります。

 

薬が増えていたら生活習慣になにか癖はないか、天気との兼ね合い、食べ物、運動、さまざまな角度から見直してみたり、もちろん自己流ばかりではよくないかもしれませんが、わたしは病院にいかなくなった10年はかなり体調がよくなったので、薬で症状をとめる、みたいなくせがある方はなにかうまく薬以外の方法も併用したら良いのではないかなと思います。

(外科的なものや急性の場合はこれに限りません)

 

余談ですが、安いボルスターをひとつ用意してリストラティブヨガのように胸を開くと、今の時期は呼吸が浅くなりがちですが、だいぶ呼吸が深くなります。一日に数分で良いのですると肺に広がりが生まれ呼吸しやすくなります。

汗をかくまでいかなくとも、散歩をしたり運動習慣を身につけたりなど、チャレンジできることは沢山あります。

 

オンラインでもスタジオでもヨーガももちろんおすすめです。

 

身体もメンテナンスしながら、上手く付き合うことで、習性からすこし違う選択をとることができます。是非なにかできることがあれば取り入れて見てくださいね。

 

ヴェーダンタからは離れた話題ですが、やはり健康はモークシャを叶えるためにも必要ですし、まわりでも調子が崩れたりして心細くなる友人もいますが、経験したことがあることはお伝えできますし、溜め込まずにおはなしして欲しいなと思います。

みんな頑張っていますので、体に不調も出やすい時期でもありますからね。

単なる心配ではなく、寄り添うことができることがなにより大切なことですし、案外世代を超えた交流もはげましあうきっかけになったりしますね。

 

と、いろいろ書きましたが、早く寝るだけでも違ったりしますので、取り組めることを取り組んで見てくださいね。

 

こんなことが良かったよ、などあればまた教えてください。みんなのデータベースにしましょう。

 

 

 

 

ダルマ、アルタ、カーマ。

久しぶりにダルマの話題をしています。

 

ダルマは秩序です。イーシュワラとイコール。

さまざまな側面で

サーマンニャダルマといったり(自分の内側にある良い悪いのセンス)、個人のダルマはスヴァダルマ、国などで決められ、ダルマにそったダルマはヴィシェーシャダルマと言ったりしますが、そこに矛盾があったり、誰か特定の人だけが利益がでたりするものをいうのではないので、要注意ですね。

 

聖典もそうですが、マンメイド(人が作ったもの)ではなく、イーシュワラメイド(イーシュワラから生まれたもの)なのです。

 

時々、ダルマを選ぶにあたり、仕事などだとなにがダルマなのかわからないときがあるというかたもいます。なかなかに繊細ですよね。利益を追求しなくてはならないならなおさらです。

 

良かれと思いしたことが、結果的にダルマではなかった、アダルマだということはあるかもしれません。

 

だから、きっとそのときの最善を選び、行動し、祈り、ときには利害関係のない相談出来る相手に相談(インドではサニヤシーに相談したりするそう)するとよいですよね。

そして、1度決めたことだからと、状況が変わったりしてもゴリゴリと突き進むと、もしかしたら調和を選んでいないことになるかもしれませんので、熟考したいですね。

 

また、アルタ、カーマといって安心や喜びを探求すること自体は悪いことではないのですが、お金を得ていく過程でちょっとくらいならよいか、とアダルマ(ダルマに反すること。)をしてしまうことが問題なんですね。

お金そのものに、安心がある訳では無いのに、満たされないからともっともっととなってしまう。これは自分自身に安心を感じられていないからですよね。アルタ、カーマは一時的な喜びに変わりないのですが、それを人々の調和のために役立てたりすることが重要なのかもしれませんね。

 

わたしとはなにか?の探求が、じつはわたしこそが安心そのものだ、と気づいていける知識なのですね。それがヴェーダンタともいえます。

 

少しずつでも、理解が深まりますように。

f:id:mayuchi34:20210917191036j:image

 

 

 

 

ガネーシャ・チャトルティ

9月10日はガネーシャ・チャトルティーでした。世界中で愛されるガネーシャの降臨を祝福する祝祭の日とされています。
朝5時からのプージャー(お祈り)に頑張って起きまして、ガネーシャ・シャラナンを捧げさせていただきました。

 

f:id:mayuchi34:20210912181404p:image

ガネーシャは、こんな感じで象の形をしています。

シヴァ神の長男で、お母さんはパールバティですね。

障害を取り除く神様と言われたり、叡智の象徴でもあるので

勉強の前に唱える3つのシェローカの一つにガネーシャのシュローカもありますね。

とてもパワフルな神様です。

もっともヴェーダーンタではこれもイーシュワラの側面であることを

お忘れなく!

 

今年の後半はチャンティングの発音など、怪しげだったところを練習し、言葉のカルマ、ヴァーチカムカルマを意識したり出来たらと考えています。それが、文法やヴェーダンタの理解を深めることにさらに役立てば良いなと言う感じです。

 

ヴェーダンタは伝統的な勉強をしている先生から教え伝えていくものではありますが、ただきいていたらいつのまにかわかるようになる部分もあれば、意識してどこがわからなくて苦手なのかを見つけていくのも大切なことかもしれません。

 

文法もだんだんどこをしているか分からなくなってきていたので、久しぶりにmedha michika先生にご連絡し、チャンティングなどの勉強をさせていただいています。

amazonなどでも本がいっぱい出ていらっしゃいますので、ご興味ある方は

のぞいてみられてください。

 


サンスクリットの祈りの詩節集

伝統的な勉強を続けていて、チャンティングの練習をしている方は

こちらもとってもおすすめです。何かチャンティングを勉強しようというときに

音声もきちんとついていますので聞きながら正しい発音を身につけることができます。

 

チャンティングのこつは、まずはとにかく正しい発音をきくことです。自分で自己流にしますと変な癖がついてとれにくくなります。

音をよくきいてみると、案外きちんときけていない音があることに気づくのです。小さな音や、繋がって聞こえなくなる音、変化する音、マハープラーナのような息が二倍かそうではない音か、聞いてから発音します。

 

単純なのですが、わからない、きけないときにはゆっくりした発音をしてもらい、自分もきいてもらいなにができていないかを見てもらいます。この繰り返しですね。

恥ずかしいかもしれませんが、自分は音を聴けていないんだなぁという

ことを自覚することから始めると良いのかなと思うようになりました。

 

大人になると自分がダメなところを指摘してくれる人は少なくなります。

だからこそ、丁寧に音を聞くこと、聞けていないと気がついて

きちんと聞こうとすることというのは全てに通じる気がするなぁと

思うようになっています。

 

今は一日30分くらい時間を作り練習しています。少しずつですね。

繰り返し練習します。

チャンティング練習されているかた、一緒に練習しませんか。

ピトゥル・ヤグニャの季節

お墓参りの時期ですね。

ヴェーダンタでは、ピトゥル・ヤグニャと言ってご先祖を大切にしたり両親を大切にすることは儀式として大切にしています。

 

ヤグニャ、が儀式という意味ですね。

日本ではご先祖を大切にすると、わたしたちによいことがかえってくるよ、という形かなと思いますが、ピトゥル・ヤグニャはちょっと異なり、生きている私たちが行いをすることで、プンニャがご先祖さまに使われ、ご先祖さまがよいローカ(1番良いローカはブラフマローカといいます。天国みたいな感じでしょうか)にいけるのだ。と言われます。

先祖供養の意味あいがだいぶ異なりますね。

しかし、これこそしたいこととすべきことが一致するヨーガな生き方といえるかもしれません。

 

わたしもなのですが、つい、なにかしてもらうことばかり考えてしまいそうになるかもしれませんが、与えることや自分ができることをすることで、大きな宇宙の枠組みに生かされていることに気付かされます。

 

お墓参りに行くと、なにかスッキリした感じがするのは、なにか大きな宇宙の営みのなかにいる感覚がわきおこるからかもしれませんね。

 

故人の好きだったものを捧げたりしてもよいかもしれません。

 

今日は先生の先生、スワミダヤナンダジの誕生日でもあります。日本は終戦の日でもあるわけですが、節目節目になにか儀式をするのは、とても良い事かもしれないなと感じていますこの頃です。