読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

個人セッションのお知らせ

f:id:mayuchi34:20170426013142j:plain

今日はヨガリトリートでお世話になった鎌倉のレインボーステイに

おさそいをうけて、イベントへ。


ヨガについて書いていることが

多いので、たまには個人セッションのお知らせ。


ヨガを受けている方や体を動かすのが好きな方がうけてももちろん

よいのですが、ただ癒されたい

ですとか、リラックスしたい方

もおすすめです。


体を触ったりして調整しながら

いらないものははずれ

スムースな流れを作り出します。

思考優位から、感覚で物事を

選ぶことができるようになります。


疲れているひと、なにかどんより

した感覚がすっきりします。


身体、にもはたらきかけますが

なにより人生が加速します。

もちろん遠隔でもできますが

寝てしまう人もたくさんいます。

起きてからずっと、ヒーリングは

働きかけていきます。


個人セッションを受けたい方は

日にちを教えてくださると

会場などの兼ね合いで

日時を決めやすいです。


都内を中心に、神奈川、仙台

全国に出張します。

60分 15000円〜行います。


mayuchi22@hotmail.com

までメッセージをくださいね。


3日前までのご予約がありがたいですが、急な場合や出張を希望の方は

ご連絡くださいね。



感謝を込めて、故郷のヨガ

f:id:mayuchi34:20170425012356j:plain

年末に都内に引っ越ししましたが

月に一度は、帰省して

仙台でもヨガクラスをしています。


初めての方、毎回来てくれる友人。

集い、体を動かすことで

あたたかなエネルギーが広がれば

よいなあと行っています。

これから少しずつ、瞑想や

楽器の演奏もあわせたりして

ますます変化したらよいなあと

願っています。


集える場所、があるとなにか楽しく

気持ちもほぐれますし

ひとりでいるより深刻にならずに

すみます。些細なことなんです。

ヒーリングや瞑想は、

ぐるぐる思考から気づいたり

新しい行動を踏み出す勢いをつけたり、まあするひとによりなにがおこるかわかりませんが、そんな感じの玉手箱です。


完璧になったらなにかをしよう、

ではなくて今すぐにでも

自分自身に許可を出すきっかけに

してもらえたらよいなあと思います。


ほんとうになんにもしたくないときは、ヒーリングを利用して、充電したり、エネルギーの詰まりをとって

くださってもよいし、ただ寝ていてもよいです。


いつか、ヨガクラスのみんなで

ツアーをしたりするのも

よいですし

いままでにはない体験を

味わってもらえたらよいなあと

感じています。


五月の故郷のヨガは

5月27日、土曜日です。

このブログをお読みになってきたいかたいましたら、メッセージや

mayuchi22@hotmail.com


までご連絡ください。

予約しても、しなくてもよいです。

ゆるやかな分かち合いができたら

嬉しいです。

トランソマティックダイヤログの感想1

10日まで行っていた「トランソマティック・ダイヤログ」

はOSHO瞑想をベースにし、自分の中の女性性、男性性を

統合するワークでした。

そもそもOSHOってなんだろう?という人は

www.osho.com

このサイトを見ていただくといいかなと思います。
瞑想や気づき、人間関係、タオイズム、ヨガ、禅など

を通して自分の内側を探求する旅ができます。

インドのプーナにインターナショナルセンターがあり

行きたいなぁと数年前より(8年くらい前かな?)
考えています。

わたしは鎌倉に住んでいた時に由比ヶ浜
OSHOアートユニティというところがあったので

瞑想会にてくてくいくようになり(実はそこに出てくるお菓子が美味しくw)
すこしずつ興味がわいてきていました。
特に海外のOSHOコミュニティは世界中の人が来ているので

なんだか話すと気が楽だなぁと感じたりもしたのかもしれません。

鎌倉がご縁で、マティさんの
サイキックマッサージのモデルをたまにさせて頂いたりして

ときどきそのエッセンスもいただいていたりしましたね。


トランソマティックダイヤログは誘導瞑想や

様々な瞑想法をとおして自分の潜在意識や

今回は主に5歳までの自分の中での体験が作ってしまった

間違った思い込みを探っていくことで

男性性、女性性が今どうなっているのかそして

統合していくようなワークでした。

体の右側は男性エネルギー(男性性)左側は

女性エネルギー(女性性)と言われています。

その二つは陰陽になっていますが

別れて独立しているものではなく双方で補い合い

影響し合っているものなのです。

どちらかがありすぎるからどちらかが足りない、ということでは

ないんですね。「今に気づく」ことで統合が進む感じです。

成熟すると言えばいいのかな。自分の内側での結婚、

みたいな感じでしょうか?

それが起きると「生きやすく」なりますね。


潜在意識の深い深い所に働きかけるので

ワークをして終わり、ではなくて、ずっとずっと働きかけ続けて

行動や考え、思うことなどなどに変化をもたらしていくことと

思いますのですこしお役に立てればと感想を時々書いておきますね。

「眠さ」
実のところ、私は数年間いつもいつも眠くて

特に午前中は眠りの森にいるくらいに眠かったのです。

自分のヨガや取材の時以外はほとんど眠い。

だから気になる方のワークショップに行ってもとにかく居眠り。

(失礼ですいません、本当に)
なんだか眠り薬を入れられているような感じすらしましたが

私の力ではどうしようもなく・・・。人生も半分眠っているのかな?

というくらい日常も明晰ではなかったかもしれないです。

 

実はトランソマティックダイヤログの初日も

ものすごく眠くてコクコク。こくこく。

自分の中では小さく居眠りしているつもりだったのですが

今回五日間リードしてくださるウクライナからきた
カラキリさんに「明日からは温かい服ではなく薄着でくると

いいわよ」と言われてしまい「ややや!ばれてたー!w」

と驚いたとともに、今までばれていないと思って眠っていた

すべての場所で「ばれていたのかも??」と思ったり

学生時代はたいてい寝ていた(お家では勉強しつつ

深夜ラジオを聞いていたので授業中は眠かったんですね)

ことなどを思い出しました。


実は普段、私は眠りがとても浅く、

夜はうまく入眠できないんですね。

だから居眠りで補給していたのだと思うし、

なんとなく「目覚めたくない」という感じ
だったのかも。

カラキリさんのおかげで残りはずっと目は冴えていましたので

ありがたかったです。


今浮かんできた言葉は

「わかろうとしなくていい、自然とやってくる」

です。

わたしはとても感覚的なタイプなので、まだまだ論理的に浮かんで

来ていない部分もありますが、1週間、3週間、と変化を待ちたいと

思います。

トランソマティックダイヤログで決めたことは

「自分の人生は自分で選択する、だれかにチャンスをもたらされるのを

またなくとも自分で決めて自分で行動することができる」

ということかもしれません。

 

そんなわけで6月にチェコに旅をすることを決めました。

(唐突?!)


お知らせ
個人セッション、ヨガ、などの

お問い合わせは

mayuchi22 @hotmail.com まで

4月のyogaと瞑想は
13日 夕方〜夜の部(時間はお問い合わせください)

20日 13時半〜神楽坂

22日 14時〜仙台

20日以降で腸もみとのコラボ予定あり

その他 プライベートなどでもいつでも行っています。

リクエスト開催 募集中。

 

都内や仙台はもちろん、出張も

対応しています。優しくてあたたかな気持ちを循環して

いきたいですね。

 

 

 

 

 

 

トランソマティック ダイヤログを終えて

無事、トランソマティックダイヤログが終わりました。OSHOの深い

ワークになります。

場所は「アロマテラピーの学校」

で行われました。


f:id:mayuchi34:20170411021252j:plain



さまざまな深い瞑想が起こりました。誘導瞑想でははじめて浮かばない苦しさも味わいましたし、セッションでは芋づる式に知り得ない記憶も発掘され統合されました。

さまざまな瞑想法で解放しました。クンダリーニやジベリッシュ、チャクラブリージングなど。

カラケリさんのあたたかい眼差しと深い感情や幼い頃に作られた信念、思い込みへと誘う質問がありました。通訳のディビアさんもまたカラケリさんと同じくらい大好きになりました。


最終日は、目隠しをしてペインティングを行う禅メディテーション

汚れてもよい服はインド服。目隠しは、亡くなった父のネクタイにしました。

紙をセットし、書き始めて流れてきた曲は「An die Freude」

ドイツ語の「よろこびの歌」

第九ですね。


日本大好きな父は、法律家ということもあり、日本の法律のルーツであるゲルマン憲法のこともあり、唯一海外で興味のある国はドイツでした。行く権利はありましたが、健康面の不安もあり断念した国であり、ドイツ語だけは通訳並みに話せる語学だったのを知っています。塩釜にきたドイツ人を学生時代は通訳したこともありました。


An die Freudeが流れるなか、わたしは涙が溢れてきました。

止まらない止まらない。

振り返れば父の葬儀はかなり大きなものでしたし、お母さんは気が動転していましたからわたしは泣くことすらできませんでした。大規模のイベントを回す感覚でとても涙はでなかった。


しかし、目隠しをしながらAn die Freudeを聴く中、魂の中でわたしは父とドイツに旅をしているような気がしました。

インド経由で。


ともにある、ような感覚になりました。行きたかったであろう、ドイツに意識の中で行けたことは、お葬式とは異なりますが2年越しに魂の本当の意味での祝福が行えました。三色選んだはずの色はなぜかオレンジばかりが使われていました。


オレンジの意味は、よろこび、を意味します。わたしは辞めてしまったドイツ語をまたすこし見直して、ドイツに行くのもこれからのプランに入れることにきめました。夢や意識が許可すれば現実は簡単です。


また、グループセッションは個人セッションより実はパワフルです。それは掛け算が起こるからです。人の前で弱いところを話すには勇気がいるけれど、周りにも追体験や似ている気づきをもたらすのです。ここで出会った人は魂の「友人」になるのです。


肉体を離れても魂は生きている。

深い変容は五日間だけでなく、この先もずっと続いていきます。

ヨーロッパへの架け橋が作られるビジョンも感じましたし、OSHO全体が近づいてきたのもわかりました。

恐れ、からのパターンではなく、新しい選択をし続けることが、新しいあなたの世界を作るのです。


このワークもこれから先、わたしの ヒーリングやセッション、また

普通に生きる時に役に立つでしょう。


変容はパワフルですので

なにか感じてみたい方は

ぜひヒーリングにきてくださいね。


mayuchi22@hotmail.com


までぜひ。

布を買いに オカダヤへ

引越して数ヶ月。


家の雰囲気などなどからわたしは本当にこの部屋に住めるのか?

なかなか自信がなく、

前の方のエナジーそのままに、お部屋づくりも半分でしたが、


やはりなんとなくまずは場所を心地よくして、後は野となれ山となれ、みたいなきもちに

ようやくなりまして


えいや、とようやく

自分が気にいる布があるであろう

場所を閃きました。

西日暮里の繊維街も考えて

いたのでしたが

よくよく考えて閃きがきましたのは


「オカダヤ」手芸わた 300g

手芸わた 300g

なのです。

http://www.okadaya-shop.jp/1/

オンラインもありますが

素材感を見たかったので

実店舗に足を運びました。

さまざまなタイプの布が

所狭しと並んでいて

洋服を作りたくなりました。



全国的には手芸製品を

扱う場所は「ユザワヤ

が有名ですね。


実家の近くにもありましたが

わたしのテイスト、になると

ユザワヤ」だと微妙にないのです。パーツなどはよいですが

好きなテイストの布、になると

オカダヤがよい気がふと

湧いてきたのです。


これがこだわりの多いまゆちさんの面倒臭いところです。


今のイメージはシンプルより

色味がありメルヘンなイメージ。

いうなれば、フランスやオランダなどのクリエイターの住む部屋、

をイメージしています。

単なるハギレが欲しいわけでは

ありません。めちゃくちゃ

好みの、ワクワクする

ファブリックが欲しいのです。

それでいてありきたりではない

ファブリックです。


色味や素材の吟味は続きますが

カーテンは薄ピンクにしようかと思案しています。


洋服の勉強をしたわけでなし

色彩や布は全くの感覚でしか

ありません。


しかし、昔に比べたら

本当に少しずつでも

イメージをして、それが実際

どこに売っているのかがわかるようになりつつあります。


実家にいるときには、やはり

親のテイスト(日本家屋)でしたし

昔の人はどちらかといえば

「家具は大きければ大きいほどよい」みたいなところがありましたし

部屋に家具がぎゅうぎゅうにつまっているのはおかしい、と気づくまで

ウン、十年かかりました。

あはは。昔の人は

よほどすきでないかぎり

センスよりも、一生懸命

働いたお金で家を買い家具を買う

それがステイタスだったかも

しれないし、センスやシンプルなど

誰も教えてくれないのですから

無理もないのかもしれません。


わたしはいつのころからか

スペースが広いのが好きでして、限られた面積しかない場合は

ものを減らす、高さのあるものを

極力おかない、これが大切に

なります。


年始に慌てて買ったカーペットも

今となっては、これでよいのか

再考する材料になっていますし

ひとまず、カーテン、照明、

時計、ベッドカバーあたりから

着手し直していくつもりです。


お部屋は魂を休ませる

大切なスペースです。

ここが自分らしくなると

かなり創造の種が開きます。


実は幾度となく引っ越して

未だに100パーセントOKな部屋に

なったことがありませんでした。


今回は少しずつでも

ユニークでわたしらしい空間に

なるよう、センスも意識しつつ

組み立てていきたいと思います。


お気に入りになればたくさんの

イデアやインスピレーションが

湧いてくるに違いありません。


まゆさんのセラピー、ヨガは

mayuchi22@hotmail.com

まで。


6日、13日、20日 神楽坂

22日 仙台


この日以外も、プライベートや

セミプライベートなどしています。

お気軽にお問い合わせください。



さだまさしさん

昨日、さだまさしさんの

島を改造する快適ビフォーアフターという番組をみました。


さだまさしさんは、わたしは高校生くらいに「有限会社さだまさし

というラジオ番組をきいてから

好きになりました。

物知りで、面白くて

年齢を感じさせない感じの雰囲気も大好きです。


実は、映画の製作で35億の借金をこさえてしまい、30年かかりたくさん

コンサートを開き返済したなど

すごい経験をされているのに

軽やかなんですよね。

すごいなあ。


ものを作る人なのに、決して孤独ではなく、仲間を大切にしており

朗らかで素晴らしかったです。


セラピーなどをしていても

わたしなら潰れてしまいそうで

軽やかな雰囲気とは裏腹に

タフな性質もお持ちで

震災のときには、気仙沼

楽器を寄付されたり

とにかく行動もたくさんされていて


なんだか人間ってすごいなあと

思えるような人です。


人間って本当は素晴らしいもの

なんだなあと思います。


人生はいろんなことがあるけど

続けること、あきらめないこと

楽しむこと、などなど

見ているだけで教わることが

いっぱいあるなあと

つくづく感じました。


高校生の頃に、関白失脚をカラオケで歌い、感動したなあなんて

懐かしく思いました。


さだまさしさんは「北の国から

以外にも、小説、ドラマ、たくさんの作品をつくられています。

あらためて読み返したくなりました。


リフォームされた詩島も

素晴らしかったです。

私有地なので、いくことは叶いませんがたまにテレビなどで拝見できたら嬉しいなあと思いましたよ。



美味しいチャイ ジャイプールアベニュー

先日、帰省の際にすごく美味しいチャイを

のみました。


http://www.krongthip.co.jp/jaipur-avenue/

ジャイプールアベニュー、という

メーカーのチャイです。


SENDAI COFFEE STAND というセンスの良いお店です。本当にセンスが良く、いる人が好きなものを集めたお店な感じがして

都内に戻るすこし前から

たまに足を運んでいました。


ポートランドの香りがする、というか

日本でもなく、感性が生かされている

雰囲気があり、けして広いスペースでは

ないのですが、魅力のあるお店です。


こだわり、というのがおしつけがましく

なくて、フレンドリー。

海外にいる感じがするんです。


このジャイプールアベニューは

以前はなかったように記憶していますが

完璧なバランスがなされていて

甘すぎず飲みやすいです。


通販でも買おうと思っています。


良いもの、って心がウキウキしますよね。

想像力が豊かになる。


丁寧に生きる、ことは

地球の上で呼吸を深くしている

そんな感覚がします。


⭐︎ヨガ、アクセスパーズ、ヒーリングなどの

お問い合わせはお気軽に。

mayuchi22@hotmail.com


前半は


4月4日、6日、11日、12日、13日

お好みの日にち、時間などを

お知らせください。