旅するヨギーニ Mayuさんは宇宙人

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

意識と無意識の間に〜ヨガは潜在意識に働きかける?!

筋トレやピラティスとヨガは何が違うの?!という気がしますね。

たしかに、似ているところもあるような気がします。

見た目的には筋肉を伸ばしたり動かしたりしているのは

違いがないのでは?という感じもするでしょう。

(ヨガには瞑想やマントラ、哲学や経典を読む、なども

実はあるのでそもそも違うといえば違うかもしれませんが)

しかし、今日は久しぶりに自分のヨガの練習をお外にしに行きました。

ホルトヨガのロビンソン尚子先生特有かもしれませんが、

そんなに激しいアサナは何もしていないのに

「潜在意識」や「無意識」にはたらきかけてくれるものがあるのです。

もちろん、年齢も70歳を過ぎていて、ものすごく長い期間ヨガの取り組みを

行っているので、意識的に何かをする必要がない域まで

達しているというのもあるかもしれません。

もちろん、呼吸を意識したり、微細な動きをすることで

細かなものに気がついていくというところもありますが

とってもシンプルな動きなのに、眠くなってきたり

不思議な感覚になります。

こんなに長い時間をかけてシンプルなことをするのは

わたしはまだ自分のクラスではためらうこともあるくらいですが

(シンプルなものの素晴らしさってとても奥が深いですが

はじめはいろいろな動きをしてみたいと感じてしまいますよね。

ふつうは!)

まったくそんなふうにならないのです。

 

普通は「意識的」にアサナ(ポーズ)を組み立てますよね。

腰が痛いならこんなポーズがいいかな?といった具合です。

しかし、本来のヨガはそうではないのかもしれません。

意識的に体に働きかける、というのがごくごく一般的なイメージ

です。しかし、本当は人間は無意識(潜在意識)の部分が

70%、あるいは80%を超えるとも言われています。

ということは、潜在意識に働きかけるものになるほうが

よりよいものをもたらしてくれるはずです。

眠る直前のあの心地よい状態が続いていったら

どんなことが起きるのでしょう。

 

潜在意識に働きかける、ことを意識的にする。というのは

逆説的なようですが、意識するだけで何かが変わるかもしれません。

 

眠る直前の心地よさを少し味わいながら直感でおりてきた

アサナを一つだけ毎晩して眠るのもよいかもしれませんね。

 

まゆさんのヨガ・セラピーなどの受付は

mayuchi22@hotmail.com まで

日時などご希望ありましたら、お問い合わせください。

スタジオ、出張、などいろいろな形で行っています。