旅するヨギーニ Mayuさんは宇宙人

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

今年の目標どうする?

今年の目標は、できる限りすきなこと、
好きな働き方でお金をもらうこと、かな。
「お金で買えない価値がある」と
マスターカードのようなことを言いたいけれど

なんとなく去年後半、お金をいただきながら経験したことは

すごく価値があって、自分を作ってくれたり
あるいはおさらいだったりもしたけれどすごく良かった。

お金が責任をうむとか古いことを言っているのではなくて

「お金を払って経験して満足する」というところからなんとなく

抜けたいなーというふうに、夏以降なんだかよくわからないのだけれど

思ったのが始まりだった。

メルカリなどで例えば400円くらいしか利益が出なかったとしても

「何かを売ってみる」とかそういうことでもよいかも。

これは語弊があるかもしれないけれど
セラピーもだいたいが一部の知名度が高いひとが目に付くし

なんというか一人勝ちのような感じ(一人ではないけれどね)

クリエイティブはIT以外はまだまだ「経験が大事。

お金はいらないでしょう?」という風潮もある。

私は特に親が学者だったこともあって、「商売人」に対する

イメージがすごく悪かった。(お母さんも良くないと言っていたな)

二束三文しかないものをすごく高く売っている、みたいなイメージだとか

いつもお金に苦労している商売している人、みたいなのを

親は見ていたかららしい。

 

ふむ。ふむ。

でも、実は、生きていく時には

数通りあって
1、お金がなくても生きていけるくらいのつながりや運を持っている(もらえる)

2、サバイバル能力が高く、一文無しでも無人島でも暮らせる
(とったどーみたいな?)
3、石ころでもお金に変えられるような錬金術師(ちょっと口が上手いというのもあるかな?話すことが上手い人というのはけっこういるね)

 

みたいな感じかな。他にもあると思う。

最近「信用経済」といっていたりもするけど、やっぱり有名人であることが

弱肉強食的な「信用」になっているのではないか?という文章が

一番しっくりきた感じ。

「誰も知らない」優れた人というのもけっこういるだろうし
知らない人はどうやっても信用が得られない、

ような気がしてむむむーーー、となっていた。

なんだか結論は出ませんけれども、今年もお金をもらって何かする

(できれば労働ではなくて、技術、知識両面双方も兼ねて)

ことを増やしていき、実験を重ねてみたいと思います。

 

そんなわけで2018年も
文章を書くこと、司会、ヨガ、セラピーでもなんでもお仕事お待ちしてますw
mayuchi22@hotmail.com