旅するヨギーニMayuさんは宇宙人

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

古い波動の癖

誰しも体の不調が起きることはありますよね。風邪や怪我など。


その時に過去の記憶やパターン出ませんか?

一番体調が悪かったときの感覚。

あー、これこれ。みたいなもの。


そのときに渦中に入らずに

眺めるためにホメオパシー

利用します。


わたしは神経を痛いと感じるときが

あったので、ハイペリカムを

利用してみることにしました。


まあ、ほかにも可能性のある

ホメオパシーをとりながら

体内や頭の熱さや炎症に

耳を傾けていきます。


できるだけ楽に体を変化させられる

サポートをたくさん持つようにしたり、記憶が教えてくれるものに

耳を傾けていきます。


抑圧するのではなく

寄り添っていると消えていく。


おへそのチャクラがあります。

そこから半分の上に症状がでやすいのですが、たとえば肺、呼吸器

喉、耳、粘膜、頭、または目。

でしょうか?


ヨガではよく大地とのつながりも

意識しますが、上半分に

働きかけるホメオパシーを取ると

どう変化するかな?


子供の頃からの、喘息や

たまにおきたアトピー、自律神経との関係はどうかな?


一時期よくなっていたヒョウソウ

などはやはり粘膜や免疫力と

関係があるのかな?


まあ、医学的ではなく

体に溜まる時空を超えたなにかに

アプローチしているのかな?

もちろん、ホメオパシー

インドなどでも医療としても

使われているので


ちゃんと調べてお使いいただいても

よいですよ。