旅するヨギーニは宇宙人

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

ヴェーダ占星術と4つのエレメント(復習の続き)

 昨日、千葉のソルナヨガに
ヴェーダ占星術キールタン、のワークショップに行きました。


その復習備忘録の続きです。

インド占星術はこのような表が必ずあり、

この星座の周り順となっています。

左上に魚座がくるというスタイルです。

この枠の中がいわゆる「ハウス」と呼ばれてお部屋のようになっています。

お部屋は全部で12室あるので1ハウス、2ハウス、3ハウス…

12ハウス。と呼ばれます。

どのお部屋にどの惑星が来るのかが大切になりますね。

 

魚座 牡羊座 牡牛座 双子座
水瓶座 南インドホロスコープ

時計回り

蟹座
山羊座 獅子座
射手座 蠍座 天秤座 乙女座

 

www.astro9.com

↑こちらよりお借りしたインド占星術の表です。

 

産まれた時に東の地平線上に位置する星座のことを、ラグナとかアセンダントと呼び

これが1ハウスのことを指します。

星座 - インド占星術.com

このページもとても詳しいので読むと理解しやすいです。

星座ごとに支配している惑星があって、

火・地・風・水4つのエレメントのいずれかに属しています。

のエレメンツ(活動的、陽的、パッションみたいな?)

牡羊座・獅子座・射手座

(なんとなくどれも活動的なイメージが湧く動物ですよね)

のエレメンツ(女性的、陰的、土、安定、真面目)

牡牛座・乙女座・山羊座

(穏やかそうな動物、な感じしませんか?こじつけ?)

のエレメンツ(陽・変化・知性・洗練・自由)

双子座・天秤座・水瓶座

(どことなく爽やかな感じですね)

のエレメンツ(陰的・月・神秘的・水・精神性)

蟹座・蠍座魚座

(水辺にいるイメージありますね)

 

表をみると左から順番に「火・地・風・水→火・地・風・水」

と3回繰り返されていたり、牡羊座を陽として陽・陰が交互に

時計回りになっているのがわかりますね。

西洋占星術(トロピカルというらしい)
が「自分から見た自分の性格」だとしたら

ヴァータ占星術(サイデリアル)

は「他人から見た自分の性格」

ということなのも特徴です。

西洋占星術の星座から一つずれているのがインド占星術とも

言われているので、私の場合は西洋占星術だと牡羊座

(これが自分で見た自分の性格)ですから

いっこずれて「魚座」のところをみると

(他人から見た自分の性格)ということになるのかな?

まあ人に見られている自分と普段の自分って案外

違っていますよね。

インド占星術は生まれた時間1分一秒でも

異なる、違った結果になります。

双子など同じ日に生まれたのに性格が全然違うということって

確かにありますよね。インド占星術

それだけ精密だということです。

 

例えば、お金持ちのご家庭に生まれたインドの赤ちゃんは

その生誕を祝いインド占星術をプレゼントされる、といったことも

あるそう。お父さんが息子に強い王に育って欲しく、インド占星術師に

「いつうむと強い王になれるのか」ときき

うむ日まで決めたりも(ギリシアの話をしてくれましたが

アレキサンドリア大王がそうだったということのようでしたが

講義が英語で(通訳もしてくださっていたのですが

けっこうはやかったのでここはちょっと自信がないです。。。

(間違っていたらここはごめんなさい)

 

日本でも、宿曜道などを空海が日本に持ってきたとされていて

曜日の九曜などは、少し惑星の考え方と似ているのではないかな?

と思ったりも。

 

また、「自分のホロスコープを自分で読まない」といった

こともあるそうで、それは自分ひとりで読んで
しまうとポジティブな性格の人は

ポジティブが増幅されてそこばかり着目してしまったり

ネガティブな人はとんでもなく絶望的になったりと

客観性を失うので注意が必要である。きちんとした読み手ですら

そこは気をつけているとのこと。

なにか分析ばかりしてしまうのではなく、なにかをするための

傾向と対策にこのヴェーダ占星術は星の性質の関係を

役立てるというのはいいかもしれないですね。

自分の性格というよりは、誰かにこれを使ってあげたり

国などもそれぞれ当てはまる惑星があるようですので

(ちなみに日本は土星だそう。忍耐強く、灰色っぽい

服を着ている人が多いのはそのせいじゃないかと

いっていました。私はカラフルな服も着るぞー!w)

 

と今日はここまで!知っているときっとヨガ哲学や

セラピーなどでも今後役に立つことがいっぱいありそうですね。

 

ヨガやセラピーのお知らせは

mayuchi22@hotmail.com まで。