六花亭とヨガが好き

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

ドーシャ別アーユルヴェーダ的恋愛学?!

f:id:mayuchi34:20180309214532j:plain

今週はありがたいことに、明日の土曜日のリラックスヨガまで毎日といっていいほど

ヨガクラスがあります。素敵な生徒さんばかりで雰囲気も良く、自分のカラーも出しながら過ごさせていただいています。

そしてちょっとアーユルヴェーダについて思いついたことがあったのでメモがてら。
私たちの体は、アーユルヴェーダによると、

「風」(ヴァータ)、「火」(ピッタ)

、「土」(カパ、あるいはカファ)という

「ドーシャ」=体質、生命エネルギーを持っています。

(そしてその割合、バランスは人により様々です)
アーユルヴェーダの病院や、いろいろなサイトなどではこのタイプがわかる簡単な

表などもあるのでよかったらチェックしてみてください。

どれかひとつの体質というわけではなくて、誰しもこの3つを持っていて

そのバランスは季節や時間、食べ物、などに応じて変化します。

自分の性質が色濃く出ているものが、「今の」自分のドーシャです。

何かわかりやすく説明できるといいですね。

仕事をバリバリして動き回る人は「ピッタ」の要素が強いかもしれません。

中身はわかりませんが、例えば松岡修造さんなどはピッタっぽいところが

ありますよね(わかりやすくかこうとしてます。。。)
いわゆる「男!」いや「漢!」みたいな方は、ピッタの要素が強く、

動き回る、フットワークも軽い「ヴァータ」の要素もありますよね。

 

「カパ」(土)の人はぽわーっとしている印象です。ぽっちゃりとか

ずんぐりしている感じの人、あるいは癒しの感じの雰囲気の方。

 

私はどう見えているかわかりませんが、ピッタヴァータです。

(穏やかそうと言われるのですが、中身は燃えていますw)

そして、バランスが崩れると「火」が強くなりカッカする感じでしょうか?

例えば運動量が増えたり、活動量が増えるとすぐ火の性質が強くなるのです。

 

今週は動きが多かったので、しだいに内側に熱がこもっている感じが

してきていて、少しピッタを下げたいなと思い

調べました。

「辛いものやスパイスが多いもの、酸っぱいもの」を避ける。

火を通したものは控えめに、
生のもの(お野菜やくだもの、酸っぱいもの以外で)をとること。

食材によってはNGのものが若干異なっていますがそれは

実際に食べてみて、体感で決めたら良いですね。

 

「甘味」「苦味」「渋み」「冷性のもの」を食べてみる。

バランスが重要なんですね。

例えば「お抹茶」などもいいみたいです。これは「苦味」ですね。

(たまたまヨガの後、いった場所でお抹茶がでました。

知らずのうちにピッタを整えてくれていたのかな?)

あとは「ミント」などのハーブなどもいいですね。

要するに夏に食べたくなるもの、少し体を冷やしてくれるものが

ピッタのバランスをとるにはいいわけです。

活動量が忙しく、移動が多すぎるときにはヴァータのバランスを

とる食べ物を食べるのがいいですね。
(ヴァータとピッタの組み合わせの人はとても多いと思います)
ヴァータの場合は「甘味」「酸味」「塩味」「重味」

そして「油性」「熱性」の食べ物をとると落ち着きます。

肌がカサカサとしてきたときなどはこちらも良さそうですね。
「甘酒」や「生はちみつ」や「だいこん」「にんじん」

あるいは「ほとんどのスパイス」はOKです。

 

なんとなくわかってきましたね。

アーユルヴェーダ的には、自分の体質と反対の

形、性質を持つ食べ物をとるとバランスが取れるということなのです。

そうはいっても、「食べたいものを食べる」ことは実は

このドーシャの状態にあっていることもあります。

最近「フルーツが食べたい」という気持ちが高まっていたのですが

(そしてそれはいちご)それはなんとなくあっていたのだなーと

しみじみ。

 

そしてようやくここにきて「恋愛」の話でも。

この体質について考えていて思ったことがあるのですが

自分の体質だけ出なく相手の体質(性質)を見ていくと

恋愛をすれば結局お互いのドーシャを
掛け合わせることになるのでドーシャも変化するような気がします。

要するに「ピッタ」が強い女性と「ピッタ」が強い男性が付き合うと

どうしたってピッタが過剰になりますよね。

するとちょっと「怒りっぽく」なったり「喧嘩が増える」

ということが起きるかもしれません。

はじめはよかったのに。。。という場合はもしかしたら

ドーシャの割合が変化してしまったから起きてしまうことでも

ある感じがします(医学的根拠なし)

 

純粋に掛け算で考えたときには「正反対」の性質を持つ相手のほうが

うまくいく、ことになりますね。

たとえば、わたしみたいなのはカパの要素がある

「おっとりした男性」が

あっているということなんでしょうね。

ときどきわたしも「おっとりしている」人だと思われるのですが

そうではない!ということがさんざんいろいろな経験をして

わかっているので(笑)

なんとなく「ドーシャはなんですか?」ときいてから

恋愛するのもいいかもしれませんね。

 

例えば、シュッとしていて活動的に見えている人も

実は太りやすくていつもジョギングをしていて体型を整えている

人だったりしたら、ピッタヴァータに見えるけれど

カパヴァータであるかもしれないですよね。

 

長くなりましたが今日はここまで。

 

さて3月のヨガやセラピーは

3月10日(土曜日)明日は、リラックスヨガ 

ヨガスタジオNOA 銀座校 14時〜

 

3月13日(火曜日)11:50〜骨盤リラックスヨガ

          12:10〜美アップヨガ

ヨガスタジオNOA 新宿校 

 

他 土曜日は全て リラックスヨガです。

 

神楽坂、鎌倉、仙台などでも行っています。

プライベートヨガは90分〜

他アクセスバーズやヒーリングなども行っています。

都度スケジュールは追加、変更もありますので

mayuchi22@hotmail.comまでお気軽にお問い合わせください。