六花亭とヨガが好き

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

アドレナルファティーグの話

 今日は健康のお話です。
ヨガやセラピーをする人や興味がある人というのは、なんらかの不定愁訴

つまり、病気っていうところまではいかないんだけどなんとなくだるい、だったり調子がイマイチなんだよねー。という感じになった人が多いかと思います。

別に数値には現れるほどではないけど、たしかにイマイチ調子が悪い。

という場合、ホメオパシーだったりアロマだったりとなにか

第三の道を探ることになるわけです。

 

もちろん、私はお医者さんではないし、かといってお医者さんとて

本人の体を100%知る、なんてことはできませんし

「なんだか疲れやすい」という人は、このアドレナルファティーグ

という可能性があるかも、というのは

もともとあの高城剛さんの本で元々知ったことでした。

日本語でいうと、アドレナルファティーグというのは

副腎疲労ということなんです。

腎臓の上にちょこんとついている臓器ですね、それが

副腎なのですがそこがいわゆる「副腎皮質ホルモン」を出す

ところで、ストレスがかかったときなど何か体が

危機を察知してぴぴぴーとサインを出すのですね。

それで、なんとなく慢性疲労だったり、疲れが取れないという

症状になることもあるそうです。

 

もし、寝ても寝ても疲れが取れないとか、最近忙しすぎて

イマイチ調子が出ないというときにはこの可能性がゼロではない、

ということですよね。

 

ちょっと変な話ですが、10代の頃ってすごく肌は脂性で

にきびができていたり、脂取り紙をよく使っていました。

でも、いまって「その脂ってどこにいったのかなー?」というくらい

まったくもって脂が出ませんw

これっていうならば年齢とともに体質が変わってきた。

というものなんだろうなーって思います。

 

だから、今までと同じようにしているから安心、というわけでも

ないんだろう、という気持ちでいます。

ストレスがかかればどこかに負担がかかるし、いつもと同じように

過ごしていたとしてもなにか変化が起きるのは当然なのかもしれません。

 

サプリはあまりとらない主義でしたが、ここのところ

アドレナルファティーグと、オメガ3をとることをはじめてみました。

 

 

 

 まだとりはじめたばかりなので、劇的な変化があったわけではないのですが

内側から何か取ってあげてもいいのかもねーなどと感じています。

 

もちろん、ストレスがかかっていてその原因が明らかになっている場合は

とりのぞければ一番いいのですが、なんでもかんでも自然派

にして肌などがぱさぱさとしてももったいないので

内側から取り入れるものをすこし増やしてみてもいいかなーと

人体実験中です。

 

ご興味ある方は、見てみてくださいね。

i herbなどではわりかし安いみたいですので

試してみてください。

jp.iherb.com




まあ自己責任になりますけれども

こういったものも現代の知恵かもしれませんね。


ヨガ、セラピーなどのお問い合わせ、ご希望などございましたら
mayuchi22@hotmail.com まで。

年内は最後まで関東におります。お家ヨガ、プライベートヨガなども

大歓迎です。ご予算などに応じて、組み立てていきます。

体を動かしたことがない人やヨガをしたことがない人にも

おすすめしています。