六花亭とヨガが好き

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

マントラの旅のはなし

どうでもいいけどそろそろこのブログのタイトルを変えなければ。

(というか暫定的にすでに変えてる)

なんかわかりにくいよね。山下達郎ばりのロマンティックなものに

しようかな。うんうん。

「生きながらにして死す」(ほんとはシャバーアーサナのことですw)

「グローバル放浪記」(単純に旅をするし)

「吸ったり吐いたり書いたり食べたり」

「地球がまだ慣れない」(まあこれは死ぬまでだね)

「いやしいやされ飛んで飛んで飛んで回るー」(円広志 古い?)

「YOGAってハニー!」(高橋名人リスペクト)

冥王星人空を飛ぶ!」

「不思議の国からこんにちは」

 

今日はこのくらいにしておこうかなー。なにか良いなと思ったら

こっそりfacebookにでもメッセージをください。

f:id:mayuchi34:20170912012127j:plain

 

 さて。今日はなんと、ホルトヨガのロビンソン尚子さんと

電撃的に連絡が取れたので、赤坂(正確には溜池山王)の

ホルトヨガにお邪魔できました。これは半年越しです。

尚子先生は、御年70歳であられますがアメリカはじめ

日本全国飛び回りながらヨガを指導されていらっしゃいます。

高速バスなんですよ!すごい。(わたしは体が痛くてもうだめだ。特に夜行)

 

実家のある仙台にも、スタジオがあるのでいらっしゃっていて

そこで出会いました。品があるのですよね。素敵。

長年アメリカにお住いでしたが、大和魂もあるので

和洋折衷の素晴らしいお人柄です。

今日、二つ、印象に残ったことは

1「呼吸というのはサラサラと続いていくものだ。吸ったり吐いたりと言わなくとも

止めないでサラサラと続けていく」

なるほどー。今まで教えるときも吸って、吐いてとカウントをとっていましたが

人それぞれのペースがありますもんね。

途中で途切れてもまたさらさらと続けて

いけばいいんだ、ということがとっても勉強になりました。

ちょっと砂時計をイメージしましたね。さらさらさら。

 

2「マントラの唱え方。チャクラのマントラの発音の仕方」

第一チャクラから順番に音があり、

それにフレーズをつけてメロディにして歌うやり方もあるのですが

第1チャクラ:LAM(ラーム)

第2チャクラ:VAM(ヴァーム)

第3チャクラ:RAM(ラーム)

第4チャクラ:YAM(ヤーム)

第5チャクラ:HAM(ハーム)

第6チャクラ:OM(オーム)

第7チャクラ:AUM(アーウーム)

 

このとき、第4チャクラのヤームの唱え方はどちらかというと

「ィーーーヤン」という感じで、あたまに「イーー」がつくんですね。

(流派によりいろいろあるかもしれませんが、あくまでもホルトヨガの

尚子先生の場合)

また、第5チャクラのHAM(ハーム)の場合は

喉が擦れるようなかんじで音が出ない感じのハーーでスタートして

徐々に音をつけて出していく感じです。寒いとき、息を吐いて

指先を温めるときに出す「ハ」からだんだん音を乗せていく感じがしました。

 

音の響きはとても重要だと思いますので、

ちょっとチャレンジしてみたいですね。

単音よりメロディを乗せたほうが立体的になるので

メロディももう少しつけていきたいなーーと思いました

 

f:id:mayuchi34:20170912005138j:plain ヨガのバッタのポーズに似ている・・・。と思った北海道の真駒内公園そばの

橋のそばにあった銅像

しかし、正解は、飛翔(一対)という名前の銅像でしたw


ヨガスケジュールなど

9月18日 13時すぎより 仙台でヨガします。

レインボーチャクラヨガヒーリング、プライベートヨガなどは

随時行っていますのでお気軽にお問い合わせください。

値段などもありますが、それぞれご相談に応じています。

mayuchi22@hotmail.com までですよん。