読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

自由とコントロールと文章とヨガ

限りなく自由に憧れているのはいまも変わらない。コントロールはするのもされるのも大嫌いですが、文章をかくときは感情を垂れ流さないように気をつけています。

2月の末からなにげなくみつけた

田口ランディさんのクリエイティブライティングに通っています。といってもあと

一回でおしまいですが。

 

文章を書くということが楽しくて

仕事にまでしたのに

すっかり楽しくなくなり

既成の仕事がうまくできなくなってから

だいぶたつ。時々、細かい仕事を

したりしますが、年々苦手意識が高まり

作品にすれば良いけれど

小説は100個かいたらネタが出なくなり

困っていました。

もともと、口べたを補足するために

書いていましたがオトナになり

すこし追いつき、書き言葉が強い

人を見ると逆にモヤモヤするように

なりました。

 

流行りのインスタントな文章やブロガーに

なりたいわけではないし

それには違和感がありました。

でも、創作に関してはやはりまだ

混沌とした中にも種があるような

気がして、ふと、うけてみたくなりました。

 

といっても、わたしは大量にランディさんの

著作を読んだわけでなし、もちろんコンセントやアンテナは読んで具合が悪くなり

3日ほど寝込んだ記憶やエッセイを読み

かっとんでいるなあ、と思い

その後はすこし遠くにあっだ時期もありました。わたしは文芸や小説をたくさん

読むタイプではないし、

読むよりもさわったり踊ったり

体感していたいタイプ。

物書きなのかどうか本当のところ

あまりわからないのです。

 

しかし、せっかくだしと申し込んだものの

今日は猛烈な風邪だし

前回も体は不調でもやもやで

なんだかせっかく申し込んだ割に

受け身になってしまいだめだなあと

ちょっと反省していました。

 

しかし、ランディさんは言葉や見えないもの

すら大切にする人だから、最悪目を閉じて

座っているだけでもよいのかもしれない。

と今日もいきました。

 

 

できるだけハッピーを見なさい、よいことを考え感じなさい、自分の良い可能性を見なさい、というランディさん。

あれ?物書きは暗くてドロドロしたものをかくのではないの?太宰治みたいに。

疑問に思い手を上げてきいてみたら、ランディさんはいつになく語気を強めた気がします。

 

感情を垂れ流すならそこらへんにあるブログと同じよ。物書きは感情に流されたらみんな死んじゃうじゃない!

太宰だって、三島だって死んだでしょ?死んだら終わりなのよ。意識はどこまでも深くいける、だからコントロールしなくちゃいけない。わたしたちは生きて、かかなくちゃいけないの。

 

あー。はっ、としたし、うなだれたくも

なった。

わたしは環境や周りの気に影響されやすく

仕事に役立つ、人生を救ってもきたけれど

逆に言えば強いエネルギーは良くも悪くも

ひっぱられる。

新しくすんだうちもなかなかエネルギーが

なれなくて本当に体が苦しい日も

あり、たくさんのエネルギー対策をして

気づきを経てようやくすこしラクに

なりつつあります。

 

人間の意識は本当にものすごくて、意識したことが起きる。

不安だなあと思えばその出来事を引き寄せるし、良いなあと思えばそうなります。

ほんとうにこれは、誰にでもできる簡単なこと。つまり、意識したとおりになっているのだ。でも、なかなかコントロールがまだ

できないでいる、苦手なことなのです。

 

「コントロール」という言葉で、なんとなく昨日のヨガと繋がるような気がしてまた涙を流しました。実は昨晩、ヨガに行き始まりのマントラでわたしは既になにかに繋がってしまい涙が出たら、先生としてはわたしのような涙を流す人がいるのはよくない、というのでなんだか困ったような複雑な気持ちに

なっていたのでした。

 

わたしはどこにでもすぐ繋がってしまう、これは特技でもあり、悩みでもありました。本当にぴょんぴょんと繋がる。人の頭も隣の家も、よその国にも。エンパスといったり、

脳の研究ではいまは五人に一人が

そうなんだと言われてもいるそう。

 

ヨガをして少しずつ、客観性が身につき、わたしではないわたしが見えるようになった。

でも、もしかしてコントロールはこれからもできないかもしれない。

まだ、悪いもの、といってよいのかわからないけれど、自分ではないものの影響や感知してしまうチカラは減ることはない。

境界線を作ろうと、スプレーをしようと

消えるものではなくむしろ特性にして

付き合うしかないものかもしれません。

 

 

だからこそ、明るい光を見ていたい。

いつまでも生きていたい。

そう決意したくなりました。

 

コントロールというと言葉は悪いけれど

光を見て、そこに向かうことは

可能だと思うから。

 

 

まゆさんへのすべてのお知らせは

mayuchi22 @hotmail.com

 

まで、よろしくお願い申し上げます。