YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

ペインティングで癒される

今日は、フルワリさんからヨシローさんのご連絡で、OSHOライフトレーニングの一環である、1DAYペインティングへ。

3歳から絵を習っていました。

実は好きなんです。

うまいとか下手を超えてどかーんと

いく瞬間。

f:id:mayuchi34:20170313143509j:plain



先日、この世から惜しまれつつ

去ったミラさん。彼女はOSHOの

サニヤシンであると同時に世界中の

人々から敬愛されるアーティストでも

あります。


OSHOは死をなくなるとは言わず

ボディを離れる、という言い方をします。


この世にはミラさんのボディはありませんが、存在のエネルギーはしっかり感じられた時間になりました。


OSHOのエネルギー、無垢で安心安全。

サポートされているような感覚なんです。

この世は魑魅魍魎、ときに混沌として

いますが、OSHOワールドにはあまり

それがないなあと感じます。



白いキャンバス、手漉きの紙にたっぷりと、色とりどりのもう一人のわたしを描く。絵の具を垂らしたりのばしたり。

はじまりは、すこし遠慮や窮屈があり、次第に自由なエナジーに変化する楽しさ。


みんなで体を動かし、エネルギーを変容させ、ペアで描き合う。大胆に、あるいは調和を考えながら、二人の宇宙を。一回めと二回目では明らかに深さが違うことに驚くとともに、相手のハートの深いところにタッチ。信頼感がうまれていました。相手はわたし。わたしはあなた。


ペアワークからふたたび一人の絵になると、描き方に変化が生まれ、窮屈さはなくなっていました。OSHOの醍醐味はダンス、ダンス、JOY。

そこに深刻さはありません。明るく笑いあい、深く繋がる感覚。


バヴェンさんのあの無垢な瞳は一体なんだろう?

他のサニヤシンの皆さんのエナジーのピュアなこと。アヴィナバさんも可愛らしく。

ヨシローさんはじめプーナではどんな青春を送ってきたのかな。ふたたびマティさんともお会いできましたし。一反も畑をしている(デカすぎない?300坪)アトゥールさんはわたしたちを都内まで送ってくださるなど、ユニークな地球の仲間がまた見つかりました。中国からも気品ある女性が数名参加されていました。

インテリジェンスと奥ゆかしさを感じました。


時々、サニヤシンについて考えます。

サニヤシンとは今流行りの出家、な

わけではありません。

何にも変わらないという方もいますが

どこか軽く飄々と明るくいきられている

諸先輩が多い印象があります。

世界中には70年代、80年代を始め

たくさんの日本人もインドのプーナで

OSHOからなにかを学ぼうと

寝泊まりしながら唄い、踊り

瞑想をしました。



最近は、安心してスペースを作っていたら

向こうから自然とやってくるのでは?

なんて思っています。


これは物事の運び全てに言えます。

わたしたちはなにかをしないことは、

なにかをすることより時にずっと難しい。

だから、踊り、歌い、瞑想し、絵を描くのでしょう。


ミラさんのエネルギー、存在。

今日出会えた全てのみなさんに感謝して。

わたしも幼少期の記憶を重ねたり

無垢になったり爆発したり

絵を前にたくさんエネルギーがでたらよい

時空間になりました。

f:id:mayuchi34:20170313143542j:plain