YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

夜更かしして「帰ってきたヒトラー」をみました

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1)




今日はセラピーやヨガの話はおやすみして
少しエンタメのおはなしを。

法学部を出ましたが、第二外国語をドイツ語にしなかったことは今でも少し心残りです。

さて、先日たまたま「帰ってきたヒトラー」がテーマで出てきたので、i tunesでレンタルしこの映画を遅ればせながら見ました。
この映画は、ヒトラーが2014年にタイムスリップしてきて様々なことを巻き起こす風刺、かつコメディ映画です。

ヨーロッパでは、話題にすることすらタブーとなっていたこの題材がどんな風なストーリーになっているのか、興味が湧きました。

誤解を恐れずにいえば、とても興味深かったです。くしくも、日付は変わりましたが
アメリカでは新大統領トランプさんが就任し、アメリカファーストを謳うなど
近年は自国の素晴らしさを取り戻そうという流れが起き始めていて、イギリスのEU離脱も含めて、なんとなくそれぞれの国をまとめるリーダーシップが求められているのかな。

政治のことは深くはわかりませんが、
タブーに切り込み作品にされた作者のかたは
移民二世、三世だったかな?のようで
自分の国を内側からだけでなく
外側からもみる多角的な目線は
大事なことかな、などと感じました。

ヨガやセラピーなどをすると
テレビを見なくなる方も多いですよね。
ピュアであるがゆえに、どちらにしても
偏った考えがスタンダードだと
思うことのないように
さまざまなことにふれて
自分の頭で考えることは大切ですね。

わたしは海外に住みたいなあと昔から
考えていますが、もし結婚しなければ
やはり日本以外ならどこでも移民に
なるわけです。よその国からきたひと。

ドイツは移民を受け入れる国です。
それはかこの歴史からきていることも
ありますが、日本も2020年の
海外からの移民などを増やす計画が
あるそうです。

世界は一つ、なのだけれど
なかなか難しい、デリケートな
問題でもありますよね。

もちろん、たんなる社会問題なら
他人事ですが、もし海外に住む
ことになったとき、わたしは移民に
なってしまうのかな?
人種関係なく、住む街に溶けこめるかな?
と自分ごとに置き換えると
すこし起きる出来事やこの風刺映画も
楽しめますね。

弱っているとき、強い言葉を聞いたり
コントロールされるのがたやすくなります。
なにかに扇動されるときは
きっと確信をもてないとき。

だから、自分の頭で考える。
わからなくても最終的には自分で
最後は決断することを
忘れないようにしながら
日々を送りたいですね。

しかし、俳優さんは見事にヒトラー
そっくりで(特殊メイクなのだそう)
演じきっていましたよ。

⭐︎ヨガやセラピー、お問い合わせは
mayuchi22@hotmail.com

アクセスバーズ60分などは人気です。
レイキ、プライベートヨガなども
行っています。
安心安全なスペースで行いますので
お気軽にお問い合わせください。