読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

自分の動きを止めないこと

ヒーリング、YOGA

今日はご紹介で素晴らしい方に会いに行きました。

素晴らしい方にあうのになんと
その場所は、実のところ息が止まるくらい避けていた場所で
くらーい自分だったり、ネガティブな自分だったり
ダメだけどやり続けたことだったり、体の痛みだったり
いろいろなものを持ち続けていたそう遠くもない時代を
思い起こさせる場所でもありました。

といっても!いろいろあったからその場所自体には
いくことはほとんどなかったのですが
「寄りつきたくない場所」って誰にでもありますよねw



その時期わたしは隠れたように日々を過ごしていて
そのあともずっとずっと隠れたように過ごす意識が消えなかった。
失敗した!っていう意識を捨てることができずにいました。

自分の人生を生きてなくて、我慢していたことが
いっぱいあったけれど、表面的にはなんだか
うまくいっているように見えていたと思うし
たしかに思っていたことは実現されていたし
物理的には、何にも不自由がない感じでした。

だけど、心の中はとても不自由でしたし
制限させていたこともいっぱいあって
魂はギャーギャー叫び声を上げて泣いていました。

でも、それはもう過去のことで
今日は電車が間に合わなくて贅沢にもタクシーで
その場所に向かっていきました。
談笑しながらいって、自分が好きな宇宙の話も
体の話もいっぱいしまして
いつのまにかすっかり次元が塗り替えられて
いることに気がつきました。

こういう形で次元が塗り替えられる日が来るなんて
全く思わなくて、驚きました。

今日は、上川名先生の多次元操体法を用いた整体
を取材も兼ねて受けました。
その時、自分の体を動かしたいように動かしながらサポートして
いただいていましたが、そのとき
「わたしの体はどこまでも動きたいと思っているんだな」

自らにかけていた制限をとろうという意識が芽生えました。

自分にとってはものすごいスピードも、エネルギーも
行動範囲もあることが大切で

小さいとすぐ息が詰まってしまうこと。
小さな範囲であわせようとすると、すぐ
つまらなく感じてしまうこと。

その思いを強く抑えていたこと。

 

いろいろな感情が出てきました。

我慢ではなくて、心地よさをクリエイトしていく。
心地よさに意識を持ち、どんどん広がっていっていいんだよ。

そんな声が聞こえてくるような気がしました。

魂の声、自分の動きをどこまでも広げていく。

これを許すことが魂そのものの解放へと

繋がるのかもしれません。
少し抽象的になってしまいましたが

たぶんエポックメイキングな日になったのではないかと

個人的に感じています。

もう少しわかりやすいレポートはあとで書きますね!