読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

素直になってみる。

素直に生きる100の講義 (だいわ文庫)

素直に生きる100の講義 (だいわ文庫)

本当に欲しいものはなんだろう?

たとえばセラピーをして、自分もセラピーを生業にしているとして

ヨガを生業にしているとして、本当に欲しいものはなんでしょう?

ときどきマッチョにスキルアップしている人

(私もその一人かもしれない)

を見ると「あー何か足りないと思ってるけど

本当はそうじゃないのかもしれない。

自分に厳しいのかなぁ?」って思っちゃうんです。

ヨガとかセラピーで厳しい人って
正直、一緒にいても癒されないですよね。

だけど、集客などを含めてうまくいかないとき

それは自分の知識のなさや技術の足りなさだと思いこみ

高いお金を払ってどんどんどんどんとスキルアップする。

まるで底なし沼にはまるかのように、それを行なっていきます。

うまくいかない時にはすぐオラクルカードを引いて

「そうだ」とか「そうじゃない」といったりします。

エネルギーに沿った生き方はとても素晴らしい。

だけど、きっとそうでない人から見たら

もうオカルトの域ですよね?きっと。


競争じゃなくて、それぞれが大事だとセラピーでは言います。

ヨガもそうだと言います。

だけど、先生である人が集まるとなんか怖い…。

だって、すごくスキルアップしようとしていて怖い…。

幸せよりも魂の追求に意識がいっていて

もっともっとが溢れ出ている。

本当に欲しいものってなんだったっけ?

宇宙の探求をするのもすごく大切だけど

もう今はアトランティスじゃない。

天使のことに詳しくなったとして、それが現実に反映された?

 

本当に欲しいものってなんだっけ?

なんだったっけ?

 

もっと素直になっていいのかな?と思うんです。

本当は何が欲しいのか、自分の心に問いかけて

そして口に出してみるんです。

 

それはお金を出してセラピストに話すことじゃなく

友達と分かち合うことかもしれない。

お金を払ってずっと練習するんじゃなくて

現実で生かして初めて心が満ちるのかもしれない。

 

そんなことを思っています。





 

 キャロラインへのお仕事依頼、

取材、スカウトその他は

mayuchi22@hotmail.com までお気軽にどうぞ。