読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

エリック・ケッセルスさんから学ぶ頭の柔らかさ

アート、クリエイト

子供のようにチャーミングなエリックさん。
オランダでは屈指のクリエイターとして知られていて

南アフリカ、イタリアなど世界中を飛び回っています。

http://www.kesselskramerpublishing.com/

フリーマーケットなどさまざまなところで

集めた家族のアルバムは二万五千冊以上

あるそうです。

 

それをカーペットにしたり、触れるような

インスタレーションにしたりすることで

踏んだり、触ること、巡ることで

別の方向からの視野の広がりなどが

感じられ脳みそが変化する感覚。

日本では昔は家族アルバムなどは

パーソナルで家族に伝えられるものだと

わたしは思っていました。

(今は神保町など、古本街や都内のフリーマーケットでは

売買されているそうです。それは、身寄りのない人や

子供のいない人、ゲイカップルなど多様性に満ちた

家族関係が増えてきたため、亡くなったあと

業者が部屋の清掃に入った際にアルバムを引き取り販売

してしまうこともあるからなんだそう)

それにしても、1930年代からの主に60年代あたりの

写真が多かったでしょうか?

旦那さんが妻のために撮ったプライベートな写真の数々、

ヌード、赤ちゃんの成長記録、その他いろいろ。
なんだか人のプライベートを覗き見をしているような

ほんのすこし後ろめたい気分になってしまったのは

わたしだけでしょうか?

 

写真は撮る、撮られるの双方向な

ものから第三者の目が入ると

別のメロディーが奏でられはじめます。
またエリックの特徴としては、アマチュアの写真である、

ということがポイントかもしれません。

プロは完璧で素晴らしいショットを作ります。

しかし、アマチュアの写真というのは指が写っていたり

影が映りこんでしまったり一般的には「失敗」とされる

作品もたくさんあります。でもそれがまた良い味になっていたり

するんです。「良い」という概念が覆される瞬間が面白いのです。

 

ところで、家族アルバムはだいたい多くても

7冊くらいになることがほとんど。

1冊目はうまれた赤ちゃんの写真。

ヨチヨチ。嬉しくてたくさん写真を

とりますね。その成長はだいたい

年齢を重ね、結婚、二人の記録になり

その後出産、家族が増えて子供が旅立ち

また夫婦だけになる。あるいは一人になる。

ところまでだと多くても7冊になるんですね。


しかし、今はインターネットなどの発達により

1980年代の人が一生で見る写真の量を

半日でクリアしてしまうくらいになっています。

24Hというプロジェクトを作った際には

1日でflickrでみた写真全てをダウンロードして

プリントアウトしたらどうなるか?

現代人がどれだけ情報に埋もれているのかを知る

インスタレーションを作りました。

実際は教会などをつかいそのインスタレーションを作りました。

もうまるでゴミの山のように埋もれるその写真の山は

まるで現代人というものがなんだかとてつもなく

バカ?なように見えてしまったわたしなのでした。

このように現代というものを俯瞰的に見る要素としても

全体からみてどうなのかということに対して

考えさせらました。

 

平間さんとエリックさんのトークショーのあと

わたしはこんな意地悪な?質問をしてみました。

「100年後、もしエリックさんのパーソナルな

アルバムが、日本あるいは異国の地でこのように

展示されたらどんな気持ちですか?」

 

これは、ちょっとしたからくりの質問です。

要するに、質問自体が入れ子になっています。

いつもは客観的な目線で仕事に取り組むエリックさんに

対するちょっとした逆転現象を味わってもらえたら!

というわたしなりのユーモアでした。

「うっぷす!」みたいなお顔をされていました。

もちろん、これは結論を聞きたかったわけではないんです。

リアクションをみたかったんですね。あははは。

 

わたしはプロの写真家ではなく、どちらかといえば

エリックさんと同じ客観的に写真という素材をセレクトする

立場にあると思います。

写真家はすごいよね、広告ってすごいよね!を超えた

遊びができてとても嬉しかったです。

写真はとる人だけ、カメラマンだけのものではなく

見る人、体感する人、撮られる人、編集する人、加工する人

いろいろな楽しみがあって良いのだと思います。

 

せっかくの記録ですので、ブログに書いてみました♡

少しお手伝いさせていただきました

塩竈フォトフェスティバルは20日まで塩竈の各スポットで

楽しむことができます。
もしよろしければぜひ遊びに行ってみてくださいね。

sgma.jp

 

 

ケッセルスクライマーの2キロ

ケッセルスクライマーの2キロ

 

 

 

ケッセルスクライマーの新たな1キロ

ケッセルスクライマーの新たな1キロ

 

 ケッセルスさんの仕事をまとめた本。本当に2キロは2キロ。

1キロは1キロあるんだそう。

重さでまとめるってユニークですよね。発想の達人です。

エリックが代表の一人でもあります、ケッセルクライマーのHP

ユニークな仕掛けがいっぱいです。

http://www.kesselskramerpublishing.com/

 

⚪︎まゆさんの文章講座

苦手な文章について簡単に書くコツなどを一緒に考えていきます。

持ち物(自分がいままで書いたことのある文章をあらかじめ

メールなどで送ってもらいます)

場所:仙台や都内などのカフェあるいはオンライン

時間 60分から90分くらい

金額:5000円


マニアックな方から普通の方までどしどしと受け付けています♡
その他お仕事の依頼も歓迎いたします^^

お問い合わせは

09097449367
mayuchi22@hotmail.com

facebookしています。

https://www.facebook.com/oshiki.mayumi

・noteで小説を書いています(有料無料あります)

https://note.mu/mayuchi

 気軽にフォローや友達申請どうぞー!