YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

かさこさんのはなし。

きょうはかさこさんの誕生日です。
かさこたかさん。
ひとの誕生日なのにわけもなく嬉しいです。

ブログを書き始めて17年目になるんだそうです。
http://kasakoblog.exblog.jp/24175124/

かさこさんのブログをよみはじめたのは

おそらく「おだしプロジェクト」の土佐山さんの回だったと

思います。誰かがシェアをしていて、たまたま読んだ時には

まだ土佐山さんに意識がいっていたので

土佐山さんがかさこさんなのかな?くらいに思っていて

かさこさんの正体を知った時には

「え?男のひとなの?」と思っていました。

 

かさこ塾の存在を知ったのはずっとあとのことでしたし
かさこさんがどういうひとかというのも正直

完全にわかっていたわけではありませんでした。

わたしは文章を書く上での先輩というひとはあまり

いないので、迷った時助けてもらえるひとというのが

あまりいませんでした。同業者って意外と

友達になれないものなんですよ。

まあ、ライバルだし。なんて小さな心だったのでしょうか?
意識してならなかったのかもしれません。


セラピーもそうなのですが、正解ってないですよね。

正解が欲しくて通ったわけではなかったんですよ。
でも、本当に文章の仕事をしているひとで

アドバイスしてもらえるひとってなかなかいない。


例えば、ビジネス本を出しているひととか

ハウツーのひととか、集客とかそういうひとは

申し訳ないのですが、胡散臭く思えていたんです。


なぜなら、お客さんをすごく低く見ているというか

中身があるように思えなかったというか。

もしかしたら切り口がわたしに合わなかっただけなのかも

しれませんが、ひどく高圧的で偏りがあるなぁという

感じがしました。

 

単純にわたしが知りたいことっていうのがないなぁと

思ったのかもしれません。

なまじ取材をして、なまじひとに会っていたということも

あったけれど、「スモールビジネスをしたいひと」と

ターゲットにされたひとがお金をどんどん支払っていく

仕組みが見ていて気分がいいものではなかったんですね。

もちろんそれでうまくいったひともいたかもしれないので

その限りではないのですが。

私たちはお客さんなわけではなくて一人一人が

主役なんだと思います。

だから適切な時に適切な行動をしたひとが

いろいろな行動や活動として広がっていきます。
もちろんそれが結果として仕事やお金にだってつながるでしょう。

そしてその適切な行動というのがひとによっては

違うことがミソであって、相手ありきではなくて

やっぱり自分主体でいいのではないかなと思っています。

 

ほんとうに好きなことをするというのが

とっても大切なんです。

お金儲けのために、という大義名分ではなくて

どうしてもやりたいことだからやる、でなければ

広がっても繋がっても行かないはずです。
無理に数を増やそうとしたり、無理に繋がろうとして

本音と離れていったらいつか潰れてしまいます。
外側から作るのではなくて

内側から沸き起こるものが大切なんじゃないかと。

 

文章を書くことが仕事の一つの柱でもあるわたしにとって
変化していくのが課題ではあったけれど

不安だったら飛びつきたくなる、すがりつきたくなる。

そういうひとじゃなくて、無理のない形で

できることをしているひとの話がきけたら
いいなぁとおもったんです。

かさこさんはきちんとしたものを書くひとだなと

なぜか思えたんです。

当たり前ですよね。

文章ってそのままその人の言葉が出るんです。

厳しくてもやわらかくても、思考で書いているひとなのか

文章を生業としているかがわかるなという感じでした。
難しい文章を無理にわからせようと書いているのではなく
シンプルに端的に書いてあるということが大切だったのです。


あっという間にかさこ塾は終わってしまいましたが、
とてもいい出会いでした。
何か新しい転機が訪れたような気がしています。


わたしはこうしてまたブログをサクサクと書けるようになりました。
12月末まではいいブログを書こうとして何度も頭が痛くなったり

寝込んだりもしていたのにw

かさこ塾の宿題をしていたからなのか、
少しだけ書くことのヒントをもらったら
次々とアイデアが浮かんでくるようになりました。

ちいさな写真集を作ろうとか、名刺のこと、紙質

小説を書くこと、形にしたいアイデアが次から次へと湧いてきます。
せっかくだからと作った名刺もお会いしたひとには

仕事関係でなくても配るようにしてみたり
20代のいちばんガツガツしていた頃とはまた違う形で

自分のことややりたいことを

嫌みのない範囲で伝えることができるようになってきました。

今は、アイデアを忘れないように一つ一つ形にしていきます。

 

文章を書くこと、形にすることはとても素敵なことです。
そんなことを思い出させてくれたのがかさこさんです。

ひとの誕生日を心から祝えるというのは素晴らしいことです。

それも、家族でも恋人でもないまだお会いして

1ヶ月ちょっとしかたってないひとだというのに!w

わたしも41歳の時には少しでも
誰かに誕生日を心から喜ばれる、
そういうかんじになれていたら

とても幸せかもしれません。

 

今日はいつもの宣伝はなし。

みなさん読んでくださっていると思いますし

かさこさんを純粋にお祝いする記事にしました。

http://www.kasako.com/



おめでとうございます!