YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

仕事を依頼するORいただく決め手ってなんだろう?

かさこ塾に通っている余波なのか
(関係はないんです。たまたま。こういうことがよくあります)

すごく久しぶりにご連絡をくださった

方がいてお仕事をさせてもらうことにする予定でいます。
熱海に行く予定でいます。もう梅とか咲いているのかな??

わたしは引っ越しも続いていて、縁が途切れてしまうことも

多々あるので、こうして思い出してくださるのは嬉しいなぁと

思う限りです。

 

都内にいて仕事をいただけた

ケースは必ずしも仕事の場で出会った人ではなく

むしろパーティの紹介が多かったように記憶しています。

パーティと言っても、シャンパンをチーンという

ものではなくて、音楽がかかっていてラフなものです。

(地方では少ないかもしれないですね)

仕事っていきなりあってすぐに頼むケースって少ないですよね。

たまたまお会いしてすぐに結婚式の司会を頼まれた

ケースっていうのは(あ、そういうのもするんですよw)
ありますが、たいていは

「どういう人かな?お願いしたい人柄かな?」

というのをまずは確認してから

段階を踏んで?お願いしたいかも?

じゃ、お願いしよう!っていう感じのが多いのでは

ないでしょうか?

日本人特有かもしれませんが、あってすぐ売り込み?

をされた場合その作品がよほどクオリティの高いもので

ない限りは「・・・」ということになる感じがします。

少なくともわたしはそうです。
だから急に仕事の話をされちゃうと

「焦っているのかな?」と思ってしまうし

どこか野暮な感じがしてしまいますよね。
もちろん、作品作りは続けておく必要があるし

どこかに載せておくのはよいのですが

あまりゴリゴリとアピールするというのは

長い目で見たときには得策ではないのかな?と思ったりしますが

みなさんはいかがですか?

 

よく昔お世話になっていた代表にいわれていましたが

「俺たちは書いたものがすべてだからな」
そうなんですよ。

 

デザイナーさんなら作品がすべてです。

要するに見たまんまなわけです。

それで「お仕事頼みたいな」「テイストは違うけど

これにならあいそうだな」などと思うわけです。

まあ、でもやっぱり最終的には人柄というか

同じものを頼むなら相性がいい人頼みやすい人に

頼もうと思いますし、少なくない時間取材をしたり

打ち合わせをするなら一緒にいて楽しい人に

お願いするのがひとってもんではないでしょうか?

たまたま、有名な方にお会いする機会もありますが

 

みなさん物腰がマイルドで、お優しく高圧的でなく

クオリティはさることながら「気配り」の面で

超一流だなという感じです。

全部は難しくてもそれを盗むということも

とても勉強になります。

 

とは言っても無理をしてまで真似をする必要はないかと

思うのですが、最終的にはひとだなと思います。

懐かしいつながりでお仕事をするっていうのは

とても嬉しいですね。

仕事を選ぶ基準は簡単で、「おもしろそう」か「そうでないか」

です。シンプルですね。

 

熱海へ

熱海へ

 

 どんな本なのかしらないw

 

⭐️facebookしています。お気軽に。

https://www.facebook.com/oshiki.mayumi

⚪︎ヒーリングやライティングなど各種しております。
アクセスバーズ®、フェイスリフト 60分 1万円〜

アクセスバーズ講座、オリジナルヒーリングなどもしています。

 

YOGAはヨガセラピーなどを中心に

マントラなどサウンドヒーリングも行います。

(プライベートもあるのでお気軽にお問い合わせください)

 

♡ライターの経験を生かし、文章講座なども行います。

言葉の選び方、使い方、工夫なども。

 

mayuchi22@hotmail.com

09097449367

までお気軽に。人生は一度きりなので楽しんでいきましょう。