六花亭とヨガが好き

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

翡翠の卵のヴィーナスyoga

今年はたくさんWSなどにも参加しました。

その中でよかったもののひとつに

ヴィーナスyogaがあります。


ヴィーナスヨガは、大好きな

セーラ・シヴァニさんが作った

女性のためのヨガです。

タントラなどの流れも組んでおります。


鎌倉に住んでいるときに、セーラさんのヨガを何回か受けたことが縁でした。

セーラさんがニュージーランドにいっても

オンラインのクラスを申し込んだり

感性とたくさんの研究から

「女性性」に主軸をおいた

エクササイズを行ってくれます。


なかでも「ジェイドエッグ」と呼ばれる

翡翠の卵を使ったエクササイズは

興味深いものでした。

これは女性だけで安心できる空間で

行いますよ。


今年はセーラさんの久しぶりの来日の際に、葉山の素敵な隠れ家にて行いました。

横田ゆきさんがこのワークショップをリードしてくださいました。


セーラさんは日本の文化についてもとても

詳しくて、日本の女性が初潮を迎えると

お赤飯を炊くことなどもお話してくれて

なんだか日本人より日本らしいなあと

感じ、ますます安心しました。


たとえば、体をたくさん動かすヨガは

いつのまにか陽性(男性的)に傾いてしまいます。活動的になるのはよいことですが、

女性性と男性性のバランスや

出したい時にそのスイッチの切り替えが

できることはとても大切なことのように

感じます。


だから、あまりに陽性過多になってしまう

(筋肉がつきすぎる、男性的に活動しすぎてしまうなど)ときには、あらためて

女性であることを意識することは

大切になりますよね。


わたしも本当にほおっておくと

バリバリばんばんと動いてしまうので

女性的であることはとても意識しています。


そんな中で、ジェイドエッグの

エクササイズはとても貴重な体験でした。


内容については、参加して体感した

ほうが先入観が生まれにくいと思いますので

詳細は割愛しますが


子宮のスペースを感じることができるのは

女性という生命体だけですので

それを改めて感じることは

大切なことで、とても穏やかなきもちに

なります。


また、これは個人的な見解なので

だれにも当てはまるかはわかりませんが

翡翠は浄化してリセットしてくれる

働きもあるので、別れたパートナーの

エネルギーが膣に残っている場合や

もちろん今のパートナーのエネルギーも

その都度クリアにしておくほうが

自分本来のエネルギーでいられるように

思います。


膣はとてもたくさんの情報を記憶していますから、そういう意味では翡翠の卵は

役に立ちます。


たしかに一見怖い感じもしますが

膣の図などをきちんとみたりしますと

必ず途中で止まる構造になっていますから

なくしたりはしないんです。安心。


もちろん、キチンとした使い方を

知ることは大切なことと

からだは正直ですので

入れたくないときははいりません。

そういう意味では、ただそばに置いておく

ことから始める人もいるかもしれませんし

それでもよいのだと思います。


このワークショップのあと集合写真を

とりましたが、とても穏やかに輝いて

いました。


日本ではまだたくさんは開かれていません

(流行りのジェムリンガとも、また違うものかと思います)が、ご興味ありましたら

ヴィーナスヨガ、ジェイドエッグ、

などで調べて見てください。


タントラやタオはまだまだ深めていきたいもののひとつです。



◎ヒーリング、ヨガ、マントラ

アクセスバーズなどを行っています。

次回の講座は12月21日です。


また、ご予定に合わせてヒーリングも

行いますのでメッセージなどで

お問い合わせください。

仙台、都内を中心に全国、全世界で

行っています。

mayuchi22@hotmail.com