読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOGA&ヒーラ&作家 キャロライン真弓でございます!

ヨガ、セラピー、宇宙、ヒーリング、文章。旅その他つれづれとかいています。

アート、クリエイト

トランソマティックダイヤログの感想1

10日まで行っていた「トランソマティック・ダイヤログ」 はOSHO瞑想をベースにし、自分の中の女性性、男性性を 統合するワークでした。 そもそもOSHOってなんだろう?という人は www.osho.com このサイトを見ていただくといいかなと思います。瞑想や気づき…

まだみぬものを見ていたい

わたしはマーケティングが好きではありません。正直に言うと、クソだと思ってますw それは、今までの結果など過去だし そんなもんに全く興味がないからなんです。 制作物もいままでみたどこかにあるような ものは全然興味が持てない。 だから、ヒットに似た…

言葉と音符のエトセトラ

ときどき「本当にやりたいことはなんですか?」みたいな話になって 「えー。音楽ですね」というとバックボーンを何も知らない人は「?!」という顔をします。 文章やセラピーはどこいった?!って。そうですよね。それは、本当は経験値だけで判断しているも…

前後の意識を斜めと横に

ヨガの話も関連するんですが、基本的に前と後ろの筋肉を伸ばしたり することって多いですよね。前屈後屈そのたもろもろ。わたしたちが「頑張ろう」とする時って意識は前のめりになるし カウンターポーズとしてのその逆の後屈くらいはします。 でも、この動き…

多相性睡眠と夜這いの謎

夜更かしで眠りが浅いわたくし。 先日会津では、夜11時台くらいまで お話に花が咲きました。 「会津娘」などわたしもいつもは飲まない お酒を、赤木明登さん(日本で一番漆で有名なかたなのです。なのに とってもナチュラル)はじめ八木由紀子さん(うつくし…

会津と塗師とその周辺(久しぶりに赤木さんに会いに行く)

今宵、蒔絵の夜は更けていく。昨年の10月でしたか、能登にいったことは再開したばかりのブログに書いていたかと思います。久しぶりに赤木明登さんからお葉書が届いていて展示のご案内。なんだか久しぶりにこれは行きたいという気持ちに駆られたのは、ご友…

広がり、育む

秋晴れが続いています。300回記念特大号はまた別途書くとして 何か書いておこうかなと。私たちは文章をどこで書いていますか?頭でしょう?ブッブー。はずれです。実は、気持ちの良い文章は「視覚」を書き写しているのです。だから、正確に言うと情報、で…

だいたいのところ、妄想〉現実 である。

ストリップクラブに行ってきたよ!と英会話の先生に話したら 「!」という顔をしていました。 (男性、チリの方、新婚さん?) わたしは語れるほどエロを知らないし、普通の一般人でございます。(一般人なのか、宇宙人なのか、なんなのかは不明です) 先日…

インド行きに必要なものを考える

インドに行くのですが、そろそろ準備をする必要があります。 せっかくなので、ブログに書いていくことにすれば一石二鳥ですね。もし、海外にいくときこんなものが 必要だったよ!というものがありましたら 教えてくださいますと幸いです。 ▶︎インド行き持ち…

新しい名刺とデザインのはなし

新しい名刺がようやくできました。 デザインや形にしてくださったのは変わらず 北海道に住むアーティストである ササキタカシさんです。 www.st202.com 頭のなかでたくさんのアイデアはあるものの 曖昧模糊としたイメージを形にするのは 本当に難しいですよ…

触れる、心の綺麗な人と出会う時間

優しい人たちと出会った。今回、神戸のライブでお邪魔した時 メンバーはみなさん心が綺麗な人だと一目見てわかった。3次元はまだ競争が続いているのだろうか? ヨガをして心を見つめる時、そこからは離れるようにしている。 もちろん、感情の波がある人をみ…

文体の重要性

今日は「文体」についてのお話をします。例えば、村上春樹さんの文章を読んだ時 誰がみてもわかるのは「文体」が確立されているからですよね。「顔を洗うのに長い時間がかかる。歯を一本一本とりはずして 磨いているんじゃないかという気がするくらいだ」で…

雲の向こうに天の川 揺れる紫陽花に梅雨を考える〜日本語をもっと豊かにする方法〜

まだまだ曇りの日が続いています。うーん。マンダム。そんなとき、梅雨のお手紙を考えてみます。「濡れる紫陽花が微笑む季節になりました。いかがお過ごしですか?」 「雲の向こうには天の川が広がる1年に一度の季節がやってきました。 いかがお過ごしです…

ぺたんこスニーカーを心地よくはくには?

外反母趾なので、ヒールというのは滅多にはきません。司会などをするときには、パンプスを持って行って 会場だけ履いてあとは履きかえてかえるようにします。 (2足使い) その代わり、最近はかわいいスニーカーも出ていますので それをみつけてスカートに…

ところで編集とライティングの違いって何ですか?

基本的には、企画会議などもいっていましたが根本的には ライターの仕事が多いのですが、もしかしたらライターと編集の違いがわからない 方もいるかと思い、なんとなーくちょっとまとめてみることにしました。ライターの仕事(わたしがしている(していた?…

言葉に奥行きが生まれるオノマトペの話

文章は必ずしも論理的でなくてもいいのかな?と思っています。 言葉は生き物なので、必ずしもセオリー通りがいいとは 限らないのが不思議なところです。もちろん、実用的で情報として役に立つということが 今は重んじられていますが、「意味わからないけど楽…

映画とファッション(アイリス・アプフェルの感想も交えながら…)

今日はわたしの仕事と交えながら、 映画の感想を書いてみましょう。 今日は大好きなファッションの映画 「アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー」を見ました。 http://irisapfel-movie.jp/ わかりますか?きっとどこかで 見たことがあるのでは? 大…

自我をもう少し捨ててみる

今日、また神奈川の友人に会いました。 彼女は完全に流れに乗っていて、伊豆に行ったり長野に行ったり 呼ばれたところでお仕事をして、ぴゅんぴゅんしていて 笑顔がとても素敵で楽しそうです。 セラピー、美容関係なので、魂が望んでいることを しているから…

ブログは体を動かしたあとに書くと良い

たしかに、ブログは本音を書くとわかりやすいですがあまりにも憤懣やるかたない気持ちが溜まっていると(怒り?) とうっかり誰かを攻撃してしまうことになりかねません。本人がそのつもりがなかったとしても、なんというか余波がジャイアントスイング(ジャ…

大きなものから小さなものへ(文章の構成、アイデアの出し方)全体像から始めよう

ライティングや作家というと、「文章を書くのが得意」と思われることが 多いです。そしてそれは決して間違ってはいません。 しかし、実のところ「企画力」だったり「アイデア」を出す段階が もっと大切だと思っていて、その構成がうまくいけば8割はうまくい…

モテるのは見た目だけど見た目じゃない。

モテって一体なんですの? 珍しく3次元のお話。モテる人っていうのが男性にもいますが、必ずしもイケメンではない。 こともあるような気がしませんか? なんなんだろう?一体どこからくるんだ?あの自信は! という場合が多い気がしますね。 でも、それが不…

i tunesUとカーンアカデミーについて

学ぶことってすごく楽しい! おじいちゃんも学者宮司と呼ばれ、歴史を含めて万葉集、日本書紀など一生涯学び続けました。 お父さんも大学で研究者(准教授というらしい)だったこともあり 法律を学ぶということ、それを論文にまとめるのは 楽しいこととして…

3次元と5次元のつなぎ目に

ヒーリングを学びました。スピリチュアルなことも おそらく100冊以上は読んだりワークショップに行ったりしました。それは、とても今に役立っています。 ヒーリングが起こったりするのはきっとその蓄積の結果 であろうと思っていますし、それは現在進行形…

山口小夜子さんの美とは?

山口小夜子さんの映画「氷の花火」を見てきました。 実は、というかお分かりの方も多いかと 思いますが、美しいものが大好きなのです。 わたくしめの美意識というのは なにもそこまで!という感じです。 誰に似たのか、わからないのですが美しくないといやだ…

移動距離とアイデアの関係

またまた熱海にきました。今回は下調べをしていたので なかなかおしゃれなカフェを探して一服をしましたよ。 www.cafe-kichi.comなかなかおしゃれですね。ふむふむ。 現代的ですよ。もだーん。 古すぎる建物はいろいろな波動があるので、リノベーションなど…

心と感覚の目で見る芸術

「思考」で写真を撮ると、「思考」が映った写真になるよという お話を。今日の夕方、平間至さんがしてくださいました。かさこ塾の友人きょうこちゃんを塩竈にご案内しましてひらま写真館の「光景Ⅱ」展示にも寄りました。 hirama-shashinkan.jp 美しいものは…

リカルド・セムラーから学ぶ経営と教育

昨晩、何気なく深夜テレビを見ていました。 TEDは時々見る好きな番組の一つです。そのなかで、Ricardo Semler(リカルド・セムラー)が 登場していてとても感銘を受けました。 Ricardo Semler - Wikipedia, the free encyclopedia (英語ですが、セムラーの…

エリック・ケッセルスさんから学ぶ頭の柔らかさ

子供のようにチャーミングなエリックさん。オランダでは屈指のクリエイターとして知られていて 南アフリカ、イタリアなど世界中を飛び回っています。 http://www.kesselskramerpublishing.com/ フリーマーケットなどさまざまなところで 集めた家族のアルバム…